アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学医学部保健学科
You are here: HOME > 医学部保健学科 > 保健学科志望の方へ > 放射線技術科学専攻
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科志望の方へ
  • ようこそ保健学科長室へ
  • 設置の目的・理念
  • 入試情報・説明会
  • 看護学専攻
  • 放射線技術科学専攻
  • 検査技術科学専攻
  • 進学・就職情報
  • キャンパスライフ
  • 履修概要
    保健学科のご案内
    専任教員一覧
    在校生向け情報
    卒業生向け情報
    教員公募
    研究内容一覧
    国際交流
    保健学科志望の方へ
    放射線技術科学専攻とは?
    大阪大学はここが違う!
    どんな勉強ができるの?
    どんな資格がとれるの?
    どんな仕事ができるの?
    就職・進学先は?
    4年間のスケジュール
    卒業生の声
    放射線技術科学専攻とは?
    放射線技術科学専攻は、医療の場で放射線を人体に照射し、画像情報を得たり、治療に役立てたりする際の技術科学を学ぶところです。
    X線の他、光や電波から超音波までを含め、それと生体との相互作用を幅広く取り上げ、光・熱・音・磁気などを生体に適用する生体医用工学の最近の進歩を学びます。
    放射線技術科学専攻では、幅広い知識と視野をもつ医療技術者、医療科学者の育成を目指しています。
    最新の医療機器、技術の開発には、人体や社会について深く洞察することがますます重要になってきています。
    そこで、人体や保健・医療に深い関心をもち、新しい医療技術科学の推進に積極的に取り組む意欲のある人を求めています。 同時に、医療従事者としての倫理観、責任感をもち、関係分野の人々と協調できる人を求めています。
    大阪大学はここが違う!
    ○ 最も関連医療機関の多い医学部です。
    ○ 最も充実した教授陣をもつ医学部です。
    ○ ライフサイエンスの研究で、欧米から最も高く評価されている大学です。
    ○ 最も広くて美しいキャンパスにある医学部です。
    ○ 最も立派な学舎をもつ保健学科です。
    ○ 最も歴史のある診療放射線技師養成大学です。
    ○ 最も大学院進学率の高い診療放射線技師養成大学です。
    ○ 臨床実習が最も充実している診療放射線技師養成大学です。
    ○ 実習する医学部附属病院放射線部には最先端の医療機器がそろっています。
    ○ 我国の保健学科において唯一の医用物理学講座や医用工学講座があります。
    どんな勉強ができるの?
    1) 一般教養
    2) 基礎医学
    3) 臨床医学
    4) 医用物理学 医用物理学の基礎、ライフサイエンスの基礎、人体の構造と機能、放射線を取り扱うために必要な知識、放射線・超音波・RI・ MRIなどの手段を利用した画像診断の基礎理論と臨床応用、物理的エネルギーの生物作用とその治療への応用、放射性同位元素の医学利用とその技術について学びます。
    5)医用工学 医用工学では医用電子工学の他に放射線物理学や情報科学の応用を含めた広い意味の医用工学を学びます。また、磁気共鳴、光学、画像情報学などについても学びます。
    どんな資格がとれるの?
    診療放射線技師
    どんな仕事ができるの?
    ○ 医療機関(診療放射線技師)
    ○ 企業(研究職、開発職、アプリケーションスペシャリスト、学術、営業など)
    ○ 大学・研究機関(教育研究職・研究職)
    ○ その他
    就職・進学先は?
    進学・就職状況のページへ
    4年間のスケジュール
    〇1年次
    >>総合大学の特色を生かし、語学を含めて幅広い教養と豊かな人間性を目指した共通教育科目や、物理、化学、数学などの基礎科目を受講し、放射線物理学などの専門科目を学びます。

    〇2年次
    >>生体の働きと仕組み、病気のメカニズムなどを学ぶとともに、放射線科学の基礎となる放射線生物学、放射線治療物理学や、画像科学の基礎となる画像情報論、画像解剖学などの講義、演習、実習を受けます。

    〇3年次
    >>画像医学、核磁気共鳴学(MRIの基礎)、医用電子工学、医用機器工学、医療情報学、 放射線腫瘍学など種々の専門分野が加わります。

    〇3年次後期
    >>臨床実習は3年次後期から始まり、医学部附属病院の先端機器を使って、 半年間にわたり行われます。

    〇4年次
    >>特別実習に多くの時間が費やされると共に、救急医学概論、生命科学実習、医療社会学など、 広い視野からの講義や実習が行われます。

    〇4年次前期
    >>放射線技術科学専攻では、新しい試みとして臨床医学特別実習が4年次前期に設けられ、 医学部附属病院の救急部、薬剤部、臨床検査部、理学療法部などで臨床医学の最前線に接し、 放射線医学や画像医学の先端技術が如何に診察に役立っているかを実際に体験します。

    特別研究は4年次の1年間を通じて行うもので、各自がそれまで受けた教育の集大成として、自らの力で研究し、論文としてまとめます。 以上のように、学部の4年間を通して、専門分野に広い知識と深い洞察力をもった国際感覚豊かな医療スペシャリストの育成が図られます。
    卒業生の声
    学生から教員へ・・・・・・・・・・山本 浩一 (平成15年卒業)
    臨床現場で活躍できる医学物理士になろう-・・・・・・・・・・中村 光宏(平成18年卒業)
    企業就職を選んで・・・・・・・・・・齊藤 奨(平成21年卒業)