アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学医学部保健学科
You are here: HOME > 医学部保健学科 > 保健学科志望の方へ > 設置の目的・理念
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科志望の方へ
  • ようこそ保健学科長室へ
  • 設置の目的・理念
  • 入試情報・説明会
  • 看護学専攻
  • 放射線技術科学専攻
  • 検査技術科学専攻
  • 進学・就職情報
  • キャンパスライフ
  • 履修概要
    保健学科のご案内
    専任教員一覧
    在校生向け情報
    卒業生向け情報
    教員公募
    研究内容一覧
    国際交流
    保健学科志望の方へ
    設置の目的・理念
    近年の医学・医療の著しい進歩・発展は、医療内容の高度化および医療関係職種の専門化をもたらしました。また、疾病構造の変化や人口の急速な高齢化に伴う医療体制の整備は、21世紀を迎えた今日緊急に対処すべき課題となっています。

    現代の医療が取り組むべき課題は、単に疾病のみでなく、広く人々の健康や福祉にまでも及んでおり、より高度で広範な対応が求められています。このため医療の現場において医師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師等の専門医療職者が真のイコール・パートナーとしてチームを組み医療の発展に貢献することが必須です。

     大阪大学医学部保健学科は、その社会的要請に応えるため、看護学、放射線技術科学、検査技術科学の理論と実践を科学的に追求し、高度の専門知識・技術を総合的に教育・研究します。わが国におけるこれら分野の知的拠点として、学問的進歩を先導し、その中核を担う指導的人材の養成を目標としています。

     国際的にもライフサイエンスの一大情報発信基地として発展しつつある大阪大学において、他の学部・学科とともにその一翼を担い、人類全体の健康と福祉の増進を目的として豊かなヒューマニズムにもとづいた国際的指導性、コーディネーション能力、コミュニケーション能力を有する人材の養成を目指します。

    また、臨床での教育・研究は医学部附属病院の誇る近代的な機能を最大限に活用し、そのスタッフの協力のもとに行われます。