アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学医学部保健学科
You are here: HOME > 医学部保健学科 > 保健学科志望の方へ
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科志望の方へ
  • ようこそ保健学科長室へ
  • 設置の目的・理念
  • 入試情報・説明会
  • 看護学専攻
  • 放射線技術科学専攻
  • 検査技術科学専攻
  • 進学・就職情報
  • キャンパスライフ
  • 履修概要
    保健学科のご案内
    専任教員一覧
    在校生向け情報
    卒業生向け情報
    教員公募
    研究内容一覧
    国際交流
    保健学科志望の方へ
    人を多面的に理解するところから
    看護ははじまります。
     看護は人間と集団の健康の維持・増進・回復を目的にし、人がより良く生きるように健康上の条件を整えるのを援助するものです。
     それには、看護の対象である人間とその集団を十分に知り、健康に影響を及ぼす環境を理解し、看護がかかわる疾病などの基礎的事項を学んだ上に、看護学を保健学・助産学を含めて深く修得し、将来の実践と研究に役立たせます。
     そのため、専門の核心である看護学とともに、人文科学、社会科学、自然科学、外国語等に関連した科目、健康科学、医学などを看護学の関連科目として学びます。
     とりわけ将来の社会環境の変化に柔軟に対応でき、常に新しいものを生み出す自己開発能力を育成するため、看護学を科学として追求していくことに教育の主眼がおかれています。
     卒業後は、各種医療施設、保健行政機関、企業健康部門において看護学の知識をもとに臨床のリーダーになりうるとともに、大学院に進学して若々しい学問である看護学の研究に取り組み、看護教育者・研究科学者を目指すことが大きく期待されています。
    放射能診断・治療に加えて
    先端画像診断学なども。
     放射線技術科学というと、いわゆる放射線(X線、ガンマ線など)のみを扱うと誤解されがちですが、本専攻ではそれ以外にも最近の医療科学の分野で発展の著しい超音波、磁気、電磁波、光、熱などの物理事象を生体に応用して、画像化し、治療を行う技術を教育研究の対象としています。
     本専攻の英文名が Radiotechnology and Biomedical Engineering となっているように、広く生体医用物理工学を学び、幅広い医療技術者、医療科学者の養成を目指しています。
     診療放射線技師の資格を得ると、上述の種々の手法を使って患者の検査に当たることができます。放射線診療への従事は放射線被曝につながり、大変危険ではないかと危惧される方が多いのですが、我が国においては放射線被曝は法的に厳しく規制されています。
     医療用放射線装置は遠隔操作などにより安全性が確立されている上に医療従事者に対して被曝線量管理や健康検査が厳重に行われています。診療放射線技師に女性の進出が目立つのも、放射線診療への就労の安全性が認識されているからです。
     本専攻の卒業後の進路は大まかに3つあります。
     1つは病院に就職し、診療放射線技師として臨床に参加する。病院によっては、新しい診断法・治療法の研究に従事することも仕事になります。
     2つ目は医療関係の企業に就職し、新しい診断・治療機器装置の開発に当たったり、アプリケーションスペシャリストとして新規装置の開発及び技術指導を行い、その発展普及に貢献します。
     3つ目は大学院への進学です。より高度な研究を目指します。
     その後は病院や企業への就職あるいは教育職・研究職へと発展します。現在の卒業生の進路はそれぞれ1/3程度の割合です。
    生体情報を捕え
    診断や治療に役立てます。
     検査技術科学は新しい医療科学の担い手として登場し、歴史的にも若々しく、かつ発展性と将来性に富んだ分野です。
      検査技術科学の基本は物理的(電気磁気、超音波、核磁気共鳴)、化学的(血液生化学、免疫学)、形態的(病理組織学、 細胞診)、分子生物学的(DNA、RNAの分析)技術を駆使して人体からの情報を正確に受信し、これを分析して疾患発生の予知と予防、疾患の診断、治療法の効果判定、将来の状況の予測に役立てます。
     疾患についての知識はもとより、病態情報の基礎、その正確性、精密性の保守並びに情報処理についての研究が重要です。
     検査技術科学のカバーする分野はこのように広く、学生各人の適性に応じてその専門を選択することができます。またこの分野は現在非常な発展をみせているバイオサイエンスと重なっていることが特徴です。
     したがって検査技術科学を学ぶことにより以下のような将来への道が開けます。
     ①病院の検査部、検査センターに勤務し、 検査を行うとともに、 現場において新しい検査法の開発やデータの処理に取り組む、②製薬企業研究所において、疾患、検査法、実験動物を熟知した技術者として活躍する、③食品製造業等を含む健康関連産業領域における研究・開発を担う、④検査機器メーカー研究所で、新しい測定・診断機器を開発する技術者として活躍する、⑤バイオサイエンスを実践する大学研究機関で活躍する。
     臨床検査技師の資格は比較的新しく制度化されたものです。この資格を取得すれば、衛生検査技師にはできない直接患者に接し採血などを行う検査研究や、患者に直接装着される機器の開発に従事できます。
     感染性の血液サンプルや放射性同位元素の取扱いも、疾患や危険性についての十分な知識と近代的設備をもって対処するので安全であるといえます。