アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学医学部保健学科
You are here: HOME > 医学部保健学科 > 保健学科志望の方へ > 卒業生の声
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科志望の方へ
  • ようこそ保健学科長室へ
  • 設置の目的・理念
  • 入試情報・説明会
  • 看護学専攻
  • 放射線技術科学専攻
  • 検査技術科学専攻
  • 進学・就職情報
  • キャンパスライフ
  • 履修概要
    保健学科のご案内
    専任教員一覧
    在校生向け情報
    卒業生向け情報
    教員公募
    研究内容一覧
    国際交流
    保健学科志望の方へ
    卒業生の声
     
    地域で働く保健師になって   松木 貴子(平成22年度卒業) 日置市役所 健康保険課 健康増進係
      私は今、市の保健師として働いています。主に、母子保健業務に従事しており、思春期保健事業、母子手帳交付、乳幼児健診、育児相談、訪問指導などを通じて、健やかな妊娠・出産の支援、子育て支援をしています。その地域に住む子どもたちの健やかな成長を喜び、支援していくことができるのはとても嬉しくやりがいのある仕事だと思っています。
      また、自治会や地区公民館などの高齢者サロンにお邪魔して健康教育を行い地域主体での健康づくり活動を行っています。
      行政で働く保健師は、地域住民により近いところで保健活動を行うことができます。大学で学んだ理論、そして実習で得られた知識と経験は、社会人となってからも振り返りまた反復して理解していくことも多いです。大阪大学で自分が得た学びが、今の力となっています。


    保健学科での思い出と現在   辻 美樹(平成20年度卒業) 大阪厚生年金病院整形外科勤務
      大阪大学に入学して、楽しく充実した日々を送ることが出来ました。勉強や実習は大変だと思うこともありましたが、指導してくださった先生・先輩方、そして実習先の看護師の方や患者様から多くを学ぶことが出来ました。看護学専攻の仲間と思いを共有し相談しながら、壁を乗り越えていったように思います。国家試験の勉強や卒業論文を仲間と一緒にやり遂げたことも楽しい思い出になっています。また、卒業後の進路として看護師以外にも養護教諭・保健師・助産師・大学院進学等を志すことができ、在学中に進路についてしっかり考える時間と環境があったことも良かったことだと思います。体育会の部活にも所属し、様々な友人が出来たことも良い思い出です。
      私は現在、整形外科病棟に勤務しています。主に手術目的の患者様が多い病棟です。急性期から回復期への移行が早く、手術後は急激に安静度が変化していきます。そのため忙しさを感じることもあります。しかし、ケアやリハビリを通して症状が改善されていくことに患者様やご家族様と喜びを感じながら働いています。
      次年度より新人教育担当となります。新人看護師がスムーズに病棟に馴染め、不安・心配が減り、楽しく働けるような関わりをしていくことが現在の目標です。


    初心を忘れず   荒岡 広子(平成13年度卒業)大阪大学医学部附属病院看護師
      私は保健学科を卒業し、大阪大学医学部附属病院に勤務しています。保健学科に入学した当時は、看護師になりたいという強い希望や動機を持っていたわけではありませんでした。しかし、ある病院実習の時に、ICUで術後管理をされている患者さんの状態が理解できず、目の前に援助が必要な人がいるのに何をすればいいのか全く分からないという事実に直面し、とても悔しいと感じたことを今でも鮮明に覚えています。思い返すに、そのことが看護師として働こうと決めた原点になっているのではないかという気がしています。もちろん、今でも分からないことも多いですが、経験を積むにつれ、看護の奥深さや看護師に出来ることの幅広さを感じるようになりました。日々学ぶことが多く、悩んで反省することばかりですが、初心を忘れず、丁寧で誠実な看護が出来るよう真摯な姿勢で努力していきたいと思っています。


    「私が感じる看護のリアル」   木島 一美(平成21年度卒業)聖隷浜松病院
      私はICUの二年目看護師です。学生時代は正直、学業以外のことにもたくさん夢中になりました。しかし、友人たちと国家試験前に図書館へ通ったこと、慣れないながらも精一杯考えて書き上げた卒業研究など、学業に専念したことが今でも良い思い出として残っています。
      初めての病院実習は患者さんとうまく話せず涙したこともありました(そのときの指導教員が今の上司です!)。 仕事に就いて二年になりますが悩みは尽きません。現実にはドラマのような奇跡の回復は稀です。厳しい現状に立つ患者さんやご家族に対して自分は何をすべきなのかいつも考えます。どんな病態なのか理解するために学生時代のように参考書をまとめたり、認定Nsにお願いしていっしょに脳の模型を作って解剖を学習したり、どういう看護がよいのか同僚と話し合ったりして自己研鑽の日々です。その中で回復していく患者さんの姿を見たとき、勉強や経験が実際に生かせたときはやりがいや喜びを感じます。それは、今までには感じたことのない、一瞬にして心温まる嬉しさです。看護の道を志す皆さんに今の私がお伝えできるのは、看護はいくらやっても、もっともっと深めていきたいと思える仕事だということです。それではすてきな学生時代をお過ごしください。