アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学医学部保健学科
You are here: HOME > 医学部保健学科 > 保健学科志望の方へ > 検査技術科学専攻
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科志望の方へ
  • ようこそ保健学科長室へ
  • 設置の目的・理念
  • 入試情報・説明会
  • 看護学専攻
  • 放射線技術科学専攻
  • 検査技術科学専攻
  • 進学・就職情報
  • キャンパスライフ
  • 履修概要
    保健学科のご案内
    専任教員一覧
    在校生向け情報
    卒業生向け情報
    教員公募
    研究内容一覧
    国際交流
    保健学科志望の方へ
    検査技術科学専攻とは?
    大阪大学はここが違う!
    どんな勉強ができるの?
    どんな資格がとれるの?
    どんな仕事ができるの?
    就職・進学先は?
    4年間のスケジュール
    卒業生の声
    検査技術科学専攻とは?
    検査技術科学専攻では人が発する無尽蔵の信号の中から病気の診断と治療に役立つ情報を正確に採取する理論と技術についての研究・教育が行われています。
    近年検査技術は自動化学分析、DNA(遺伝子)診断、超音波分析、MRI(核磁気共鳴)分析など、その発展は目を見張るばかりです。
    このような技術革新を可能にし、さらに新しい検査技術を生み出す源は、実は自然科学そのものの中にあります。
    大阪大学はここが違う!
    ○ 「診断科学」と「高度先進医療」を支える臨床検査技師 大阪大学は、臨床検査技師免許を持った「サイエンティスト」を育成します。 新しい検査法・検査技術・測定原理を研究し、「人に優しい臨床検査」を開発します。この分野はノーベル賞につながる研究課題がいっぱいです。 また、再生医療や遺伝子治療などの高度先進医療を支える研究開発も行い、「医療に貢献」します。
    ○ 21世紀の医療「チーム医療」を担う臨床検査技師 大阪大学は、日本で唯一、「チーム医療」を実践できるレベルの高い臨床検査技師を育成するため、「ベッドサイド教育」と「病院主要部門での実習」を含む高度な「チーム医療教育」を行っています。 「チーム医療」は、「限られた医療資源」の中で、安心・安全で質の高い医療を可能にする唯一の方法です。
    ○ 「天まで伸びよ! 臨床検査技師」 大阪大学は、臨床検査の分野で、最も伝統と実力のある大学です。そして、無限の可能性を持った臨床検査技師を育てます。
    どんな勉強ができるの?
    〇一般教養
    〇基礎医学
    〇臨床医学
    〇検査技術科学
    検査技術科学では、多彩な技術を駆使して人体から種々の生体情報を正確に採取し、診断・治療に役立てる検査法について学び、技術を習得します。大きく基礎生体情報学と病態生体情報学に分かれています。

    まず1年から2年前期にかけて学ぶ専門教育系科目では、検査法の基礎となる物理・化学・生物学を履修します。また現代人としての総合的な理解力と判断力を養うため、大阪大学の学生に共通の基本的な教育科目も学びます。

    2年生の前期から3年生の後期にかけて学ぶ基礎生体情報学では、生体情報を集める「生体」そのものについて理解し、また病気の原因となる「環境因子」についても理解するため、生体形態学(解剖学)、生体機能学(生理学)、生体分析学(生化学)、微生物学、生命工学、医用工学、医動物学、公衆衛生学などの基礎科目の講義・実習があります。

    2年後期から3年後期にかけて学ぶ病態生体情報学では、検査対象となる生体の異常である「病気」についての理解を深め、さらにその異常を検出するための「多種多様な検査法」の測定原理および技術を学ぶため、病態形態学(病理学)、臨床生理学、臨床化学、臨床微生物学、臨床血液学、臨床免疫学、生体画像構造学、臨床医学概論、臨床病理学などの臨床・応用科目の講義・実習を受けます。

      また検査で得た生体情報を信頼できるものにし、有効利用できるようにするため、検査情報解析学、検査システム管理学などの情報科学科目の講義・実習も受けます。

      そして4年次には、総合学習を行います。「特別研究」(希望する教員のもとで研究を行い発表します。)、「臨床医学特別実習」(阪大病院の病棟で実際に臨床検査がどのようにオーダーされ利用されているかを患者さん及び検査データを見ながら勉強し発表します。)及び「臨地実習」(阪大病院臨床検査部の各検査室をローテートして検査技術を深く習得します。)を実施しています。
    「臨床医学特別実習」は、大阪大学だけが行っている独自の実習で、内外から高く評価されています。
    どんな資格がとれるの?
    臨床検査技師
    どんな仕事ができるの?
    〇 医療機関(臨床検査技師)
    〇 企業(研究職、開発職、アプリケーションスペシャリスト、学術、営業など)
    〇 大学・研究機関(教育研究職・研究職)
    〇 その他
    就職・進学先は?
    進学・就職状況のページへ
    4年間のスケジュール
    〇1年~2年前期 【豊中キャンパス】
      >>英語・第2外国語(独・仏など)・物理・化学・数学などの一般教養の講義が行われます。
    >>1年4月にはクラブのオリエンテーションがあり、保健学科にも体育会クラブやサークルに所属し、 4年間続けて頑張る人もたくさんいます。
    >>4月にはクラス初のイベントとして、1泊2日の新入生歓迎合宿があります。 ここで初めて全員の名前を覚えます。

    〇2年後期~ 【吹田キャンパス】
      >>吹田キャンパスへ移動。一人暮らしの人は慎重に家を決めておくのがよいでしょう。 実習が始まり、ようやく専門的な授業も実施されます、はじめての採血も…
      >>解剖実習もあり、教科書の写真だけではなく、実際の目で確かめながらの講義が受けられます。

    〇3年夏休み
    >>大阪府下の関連病院(国立循環器病研究センター等)で臨床検査の実習を受け、現場の雰囲気を初めて 味わいます。

    〇4年前期
      >>各研究室に配属されます。さらに細かく専門分野に分かれて、1人1人半年間研究を行い、9月には その研究成果を発表し、卒業論文としてまとめます。
    >>同時に阪大病院の病棟において臨床医学特別実習が行われます。実際に患者さんに接して検査の 重要性をより深く学びます。
    〇4年後期
    >>阪大病院の臨床検査部でおよそ3ヶ月にわたり実習が行われます。 学校の講義とは異なった様々な事柄を習得できます。 >>そして4年間の総まとめの卒業試験を経て、3月の臨床検査技師国家試験に臨みます。
    卒業生の声
    医療の基盤を支える臨床検査技師・・・・・・・・・・井上 直哉 (平成22年卒業)
    高校生のみなさんへ・・・・・・・・・・石黒 智子(平成19年卒業)
    高校生の皆さん、こんにちは。・・・・・・・・・・勝間 鈴華(平成20年卒業)