高度医療教育コンソーシアム
平成18年度経済産業省「医療経営人材育成事業」
高度医療教育コンソーシアム(大阪大学/岐阜大学)
   
HOME    主旨    岐阜大学会場日程表    大阪大学会場日程表    事業実施委員会
 

経済はようやく回復したものの健康保険会計の逼迫化、医療事故の続発などを背景に、安全で質の高い医療を適切なコストで提供することが今まで以上に強く要請されています。効率的な医療サービスの供給と医療の質の向上を両立させるためには、医療マネジメント(医療経営)の強化が必要であることは論を待ちません。医療マネジメントとは「医療サービスを国民に提供する組織が国民ならびに職員の満足度を高めるために、持続的な質的発展を遂げ、社会へ貢献する価値を創出していく改善努力」をさします。すなわち、医療マネジメントとは、単なるコスト節約や収支改善ではなく、質の高い医療を効率的に提供するための創造的な活動といえましょう。しかしながら従来の医療マネジメントは個別の専門分野・職種で独立に行動してきた感があります。国民のニーズの変化や医療制度改革などの新たな変化に主体的に対応し自ら先導して行くためには、個別部門の改善のみではなく、病院システム全体としての改善が必要です。すなわち、個別専門領域にとどまらず、部門間の協働、病院全体としての改善努力が求められています。

医療マネジメントの実際的な担い手でもある医療専門職を対象に、その属性やニーズを踏まえたきめ細やかな医療経営人材育成教育のための指標となるテキストの開発をするべく、経済産業省平成 18年度委託事業により 、大阪大学と岐阜大学が連携し、主要医療団体の協力の基に以下の事業を実施いたします。
 
 
 
Copyright(c)2006 医療経営人材育成教育プログラム開発プロジェクト