アクセス 関連リンクサイトマップ学内専用掲示板English
文字サイズ
HOME 医学部保健学科 大学院医学系研究科保健学専攻
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻
You are here: HOME > 研究室の紹介
大阪大学大阪大学大学院医学系研究科大阪大学医学部附属病院
保健学科のご案内
専任教員一覧
在校生向け情報
卒業生向け情報
教員公募
研究内容一覧
国際交流
研究室の紹介
地域包括ケア学・老年看護学
前のページにもどる

看護疫学看護学専攻
看護実践開発科学講座
(研究室のホームページへ)
〔研究室の顔ぶれ〕(氏名をクリックすると大阪大学の研究者総覧にリンクします。)
教 授 福井 小紀子 TEL&FAX:06-6879-2541 e-mail:sfukui@sahs.med.osaka-u.ac.jp
准教授 山川 みやえ TEL&FAX:06-6879-2543 e-mail:miyatabu@sahs.med.osaka-u.ac.jp
助 教 樋口 明里 TEL&FAX:06-6879-2547 e-mail:akari.h@sahs.med.osaka-u.ac.jp
〔主な研究テーマ〕
1.エンドオブライフケアに関する研究(福井)
・終末期患者と家族への意思決定支援
・エンドオブライフケアの有効性を実証する介入研究
・診断・治療・退院・看取りまでの場の移行を含むシームレスなケア

2.医療介護連携に関する研究(福井)
・在宅における医療介護連携、看看連携
・病院と施設と在宅をつなぐ多職種連携・看看連携

3.在宅や施設におけるケアの質評価とITシステム構築に関する研究(福井)
・在宅や施設でのケアの質評価指標の作成
・ケア実践や質評価をデータ収集するITシステムの構築
・場を超えた継続的なケア情報やコスト情報の統合・分析

4.若年性認知症のケアアセスメントツールの開発(山川) 
・若年性認知症の本人、家族、ケアする専門職が感じている困難を包括的に
 アセスメントするためのウェブツールの開発
・生活に根差した総合的なアセスメントツールをウェブ上で可視化する試み
・アセスメントツールを利用することによる利用者の自律を促す試み

5.認知症診療に関する外来看護教育プログラムの開発(山川)
・認知症疾患の早期発見・早期絶望になっている認知症診療の円滑な運用
・認知症診療の補助をする立場の外来看護師の役割の拡大とかかわりの質
 の向上のためのプログラム開発

6.高齢患者における転倒リスクアセスメントに関する研究(樋口)
・測定機器を用いた転倒ハイリスク患者の睡眠・覚醒リズム・排泄パターンの把握
・患者自身の行動への思いの把握と客観的指標を用いた臨床現場のスタッフの転倒
 リスクアセスメントへの活用・看護師向け教育プログラムの開発

7. 共感的理解を実践に活用するための認知症ケアの看護教育プログラムの開発(山川)
・認知症患者の遭遇する臨床場面をシナリオ化の試み
・患者の疑似体験(Virtual Reality:VR)を通して認知症患者への効果的な看護ケアにつ
 ながる教育プログラムの開発