2018年度

学術論文

  1. Fujii M,Ohno Y,Yamada M,Kamada Y,Miyoshi E.Impact of fatty pancreas and lifestyle on the development of subclinical chronic pancreatitis in healthy people undergoing a medical checkup.Environmental Health and Preventive Medicine.24(1) : 10.2019
  2. Fujii K,Ohno Y,Kido M,Ishida K,Jeong H.Effect of Wandering Sensing Systems on Wireless Medical Telemetry Systems.Japan Association for Medical Informatics.2019(in press)
  3. Sonoda N,Morimoto A,Tatsumi Y,Asayama K,Ohkubo T,Izawa S,Ohno Y.The association between glycemic control and lung function impairment in individuals with diabetes: the Saku study.Diabetology International.2018
  4. Tamaki T,Inumaru A,Yokoi Y,Fujii M,Tomita M,Inoue Y,Kido M,Ohno Y,Tsujikawa M.The Effectiveness of End-of-Life Care Simulation in Undergraduate Nursing Education: A Randomized Controlled Trial.Nurse Education Today.76:1-7.2019
  5. 藤井清孝,大野ゆう子,丁 憙勇,木戸倫子.医療機器運用全体のavailability評価に関する研究―臨床工学技士による問い合わせ(オンコール)対応からのアプローチ―.医療機器学.88(6):620-627. 2018

大学・研究所等での報告

  1. 井上勇太,藤井 誠,藤牧貴子,永安真弓,田嶋哲也,大野ゆう子.周産期データの動向.平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議.2019年2月5日
  2. 田嶋哲也,藤井 誠,井上勇太,永安真弓,藤牧貴子,大野ゆう子.後期高齢者の死亡動向の検討.平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議.2019年2月5日
  3. 藤牧貴子,藤井 誠,井上勇太,田嶋哲也,永安真弓,大野ゆう子.後期高齢者における死因割合の経年的変化.平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議.2019年2月5日

招聘講演・シンポジウム等

  1. 大野ゆう子.「よかった, よくなかった」というために―看護の視点を活かす統計学.第15回日本感染看護学会学術集会.2018年8月.東京
  2. 藤井清孝, 井上宗紀, 加藤博史, 大野ゆう子.臨床工学技士によるテレメータ電波管理の問題点.第93回日本医療機器学会大会.2018年6月.横浜

国際学会

  1. Araie M,Fujii M,Ohno Y,Tanaka Y,Kikawa T,Iwase A.Structure-function relationship in the aging process in normal subjects.Investigative Ophthalmology & Visual Science.59(9) : 4045.2018.USA
  2. Sonoda N,Ohno Y,Watanabe S,Fujita A,Hatamochi C,Sugimoto Y,Okawa S,Morimoto A.The CIRCLE study (2): Associations between work-related factors and unhealthy eating behaviors in employees with diabetes or hypertension.22nd East Asian Forum of Nursing Scholars.2019年1月17-18日.Singapore
  3. Watanabe S,Ohno Y,Sonoda N,Fujita A,Akase Y,Morimoto A.The CIRCLE study (5): Association between psychological safety and perceived stress in healthy employees.22nd East Asian Forum of Nursing Scholars.2019年1月17-18日.Singapore
  4. Fujita A,Ohno Y,Sonoda N,Watanabe S,Akase Y,Godai K,Morimoto A.The CIRCLE study (6): The actual conditions of perceived stress and the association between outpatient visit frequency and perceived stress in employees with diabetes.22nd East Asian Forum of Nursing Scholars.2019年1月17-18日.Singapore
  5. Fujii M,Tamaki T,Inumaru A,Yokoi Y,Inoue Y,Ohno Y,Tsujikawa M.Development and evaluation of a terminal care simulation scenario for nursing students: Examination of reliability between evaluators in the Objective Structured Clinical Examination in a randomized controlled trial.22nd East Asian Forum of Nursing Scholars.2019年1月17-18日.Singapore
  6. Tamaki T,Inumaru A,Yokoi Y,Tomita M,Fujii M,Inoue Y,Ikeda N,Miyajima M,Kido M,Ohno Y,Tsujikawa M.Impact of an End-Of-Life care simulation for undergraduate nursing students: results from a multisite university implementation in Japan.22nd East Asian Forum of Nursing Scholars.2019年1月17-18日.Singapore

国内学会

  1. 安藤嘉子,片岡ひとみ,酒井透江,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井 誠,大野ゆう子.ストーマ保有者の術後経過年数による排泄自立割合の特徴と年代別比較―ストーマ保有者の実態調査より―.第27回日本創傷・オストミー・失禁管理学会.2018年5月.札幌
  2. 酒井透江,松原康美,安藤嘉子,片岡ひとみ,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井 誠,大野ゆう子.ストーマ装具代金の負担感に関する関連要因の分析〜ストーマ保有者の実態調査より〜.第27回日本創傷・オストミー・失禁管理学会.2018年5月.札幌
  3. 藤井清孝,井上宗紀,加藤博史,大野ゆう子.ベッドサイドモニタの既存機能を利用した無線LANテレメータ点検方法.第93回日本医療機器学会大会.2018年6月.横浜
  4. 玉木朋子,犬丸杏里,横井弓枝,藤井 誠,井上勇太,大野ゆう子,池田七衣,宮嶋正子,辻川真弓.模擬患者と協働した終末期ケアシミュレーション教育の評価:無作為化比較試験による検討.第31回日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集.2018年9月.石川
  5. 田嶋哲也,安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,丁憙勇,木戸倫子,大野ゆう子.人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価に関する研究.第6回看護理工学会学術集会.2018年10月.東京
  6. 井上勇太,大野ゆう子,大橋一友,藤井誠,安藤絵美子,藤森敬也,祖父江友孝.人工妊娠中絶の長期的な変動を評価する妊娠数に即した新たな指標の提案.第77回日本公衆衛生学会.2018年10月.福島
  7. 玉木朋子,犬丸杏里,横井弓枝,藤井 誠,井上勇太,大野ゆう子,池田七衣,宮嶋正子,辻川真弓.看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの教育効果の評価.第38回日本看護科学学会学術集会.2018年12月.愛媛
  8. 藤井誠,玉木朋子,犬丸杏里,横井弓枝,井上勇太,大野ゆう子,辻川真弓.看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの評価 −OSCE評価者における評価者間信頼性の検討−.第38回日本看護科学学会学術集会.2018年12月.愛媛

2017年度

著書

  1. 山田憲嗣、武田真季、大野ゆう子 看工融合領域におけるロボットによる心地良さへの試み,感覚重視型技術の最前線ー心地よさと意外性を生み出す技術ー,2018年3月13日,213-218頁

学術論文

  1. Masaaki Miyo, Ichiroh Takemasa, Hiroyuki Ishihara, Tsunekazu Mizusima, Yuko Ohno, Yuichiro Doki, Masaki Mori "Long-term outcomes of single-site laparoscopic colectomy with complete mesocolic excision for colon cancer: comparison with conventional multiport laparoscopic colectomy using propensity score matching" Diseases of the Colon & Rectum. 2017.7
  2. Hiroyuki Ishihara//Yuko Ohno//Makoto Fujii// Junichi Hara// Midori Soda, Epidemiological Analysis of Childhood Cancer in Japan Based on Population-based Cancer Registries, 1993?2009, Japanese Journal of Clinical Oncology, 2017.3
  3. 玉木朋子,大達亮,大野ゆう子,伊藤美樹子 家族が介護できない虚弱高齢者の漂流-医療的ニーズが「終の住処」を脅かす 未来共生学4巻(in press)
  4. Yutaka Matsuura, Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Kenji Watabe, Kayo Yoshimoto and Yuko Ohno, Screening sleep disordered breathing with noncontact measurement in clinical site Journal of Robotics and Mechatronics Vol.29 No.2 (in press)
  5. Yukari Taniyama, Kota Katanoda, Hadrien Charvat, Megumi Hori, Yuko Ohno, Shizuka Sasazuki, Shoichiro Tsugane. Estimation of Lifetime Cumulative Incidence and Mortality Risk of Gastric Cancer. Japanese Journal of Clinical Oncology . 2017. 47(11):1097-1102

大学・研究所等の報告

  1. 大野ゆう子,山田憲嗣,丁憙勇. 中小企業における健康確保・災害防止に関する調査研究報告 退役後の健康な生活を目指した動作設計に関する調査研究. 公益財団法人日本中小企業福祉事業財団. 平成28年度.p.23
  2. 谷山祐香里,大野ゆう子,伊藤秀美,松尾恵太郎, 累積リスクの推計, 平成28年度革新的がん医療実用化研究事業松尾班班会議, 2017.2.3
  3. 谷山祐香里,大野ゆう子,堀芽久美,片野田耕太, Population Attributable Fraction 乳がんにおける人口寄与割合の推定, 平成28年度革新的がん医療実用化研究事業松尾班班会議, 2017.2.3
  4. 谷山祐香里,大野ゆう子,伊藤秀美,松尾恵太郎, ,累積リスクの推計 特定の年齢からの累積リスク推計, 平成29年度革新的がん医療実用化研究事業松尾班班会議, 2017.8.23

解説・総説

  1. Yuta Inoue, Nao Sonoda, Koji Umeda, Michiko Kido, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, Field survey of actual conditions for information collecting and sharing at the hospitals in Kumamoto during the acute phase of the 2016 Kumamoto earthquake, short report, 2017

国際学会

  1. Makoto Fujii//Chisato Abe//Naoko Wada//Hiroyuki Ishihara//Yuta Inoue//Michiko Kido//Jeong Hieyong//Yuko Ohno, Trends in cancer incidence rate among the elderly people in Japan based on population-based cancer registries. IACR, 2017.10
  2. Hiroyuki Ishihara//Midori Soda//Makoto Fujii// Junichi Hara// Yuko Ohno, Long-term trend of childhood cancer in Japan on the population-based cancer regystries, IACR, 2017.10
  3. Yuta Inoue//Hiroyuki Ishihara//Makoto Fujii//Akiho Mihara//Michiko Kido//Hieyong Jeong//Yuko Ohno, Trends of blood cancer among elderly adults, IACR, 2017.10.
  4. Akiho Mihara//Hiroyuki Ishihara//Makoto Fujii//Yoshiko Ando//Michiko Kido//Hieyong Jeong//Yuko Ohno, Trends among elderly people requiring a stoma in Japan, IACR, 2017.10.
  5. Makoto Fujii//Yuko Ohno//Chisato Abe//Yuta Inoue//Hiroyuki Ishihara//Naoko Wada//Michiko Kido//Hieyong Jeong, Trends in cancer incidence rate among elderly adults in Japan using population-based cancer registries, IACR, 2017.10.

国内学会

  1. 園田奈央//森本明子//辰巳友佳子//浅山敬//大久保孝義//伊澤敏//大野ゆう子, 糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討, 第54回日本糖尿病学会近畿地方会, 2017.11.11
  2. 玉木朋子//犬丸杏里//横井弓枝//冨田真由//藤井誠//井上勇太//木戸倫子//大野ゆう子//辻川真弓, End of Life ケアシミュレーションの無作為化比較試験による教育効果の評価ー知識テストとOSCEによる検討ー, 第37回日本看護科学学会, 2017.12
  3. 園田奈央//大野ゆう子//河野愛弓//松裏豊//井上勇太//前本康央//梅田幸治, 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える 〜第四報:患者の入院・転院及び避難者の来院の実態と対応〜, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会, 2017.2
  4. 辰巳友佳子//森本明子//浅山敬//園田奈央//宮松直美//大野ゆう子//宮本恵宏//伊澤敏//大久保孝義正常高値血圧および高血圧の糖尿病発症リスク:佐久研究 , 第53回日本循環器病予防学会学術集会 2017.6
  5. 辰巳友佳子//森本明子//浅山敬//園田奈央//宮松直美//大野ゆう子//宮本恵宏//伊澤敏//大久保孝義飲酒量とインスリン分泌障害・インスリン抵抗性発症との関連:佐久研究, 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2017.9
  6. 藤井清孝, 医療機器のユーザビリティに関する 実態調査, 第27回日本臨床工学会, 2017.5.20
  7. 藤井清孝,徘徊感知機器による医用テレメータへの影響の可視化・実証調査, 第46回日本医療福祉設備学会, 2017.11.22
  8. 安藤嘉子, オキサリプラチンが原因と考える 類洞閉塞症候群による ストーマ静脈瘤の一例, 第26回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 2017,6,2-3
  9. 安藤嘉子,多職種プロジェクトチームによる外来化学療法室運営の改革, 第19回日本医療マネジメント学会学術集会, 2017.7.7-8
  10. 安藤嘉子,ストーマ周囲の難治性創傷に対するチームアプローチ, 第47回日本創傷治癒学会学術集会, 2017.11.27-28
  11. 安藤嘉子, 非侵襲的用圧換気マスク使用で発生する医療関連機器圧迫創傷の予防・管理, 第47回日本創傷治癒学会学術集会2017.11.27-28
  12. 村上寛, Evaluating the Effectiveness of a Vascular Access Imaging Device Used in Training Recently Graduated Nurses, Journal of Robotics and Mechatronics, 2017年4月20日29(2):346〜352
  13. 谷山祐香里,伊藤秀美,岩崎基,郡山千早,津金昌一郎,大野ゆう子,松尾恵太郎, 日本人女性の乳がんリスク層別生涯累積罹患リスク推計, 第76回日本癌学会学術総会, 2017.9.28-30
  14. 伊藤秀美,岩崎基,郡山千早,谷山祐香里,尾瀬功,井本逸勢,大野ゆう子,岩田広治,松尾恵太郎, 日本人女性における乳がん感受性遺伝子多型による乳がんリスク予測, 第76回日本癌学会学術総会, 2017.9.28-30

受賞

  1. 藤田彩花,大野ゆう子 災害時の大学病院医師参集状況と患者対応力に関するシミュレーション NTTデータ数理システム 学生研究奨励賞佳作 2017年11月
  2. 赤瀬遥平,大野ゆう子  S4 Simulation System を用いた外来化学療法における待ち時間シミュレーション NTTデータ数理システム 学生研究奨励賞佳作 2017年11月

2016年度

著書

  1. 安藤嘉子 緩和ストーマを造設する患者のケア,がん患者の排便ケア,医学書院 2016年140-147頁

学術論文

  1. Ikuko Hirata, Ikuko Mohri, Kumi Kato-Nishimura, Masaya Tachibana, Ayano Kuwada, Kuriko Kagitani-Shimono, Yuko Ohno, Keiichi Ozono, Masako Taniike Sleep problems are more frequent and associated with problematic behaviors in preschoolers with autism spectrum disorder. Research in Developmental Disabilities, 2016.2
  2. Hiroyuki Ishihara, Yuko Ohno, Makoto Fujii, Junichi Hara, Midori Soda:Epidemiological Analysis of Childhood Cancer in Japan Based on Population-based Cancer Registries, 1993-2009,Japanese Journal of Clinical Oncology,2016.3
  3. Toshimitsu Ochiai, Toshimitsu Hamasaki, Soott R.Evans, Koko asakura, Yuko Ohno Group-sequential three-arm noninferiority clinical trial designs Journal of Biopharmaoeutical Statistics, 2016.2
  4. Yutaka Murakami, Yuko Ohno, Kosei Adachi, Nobuhiro Ogasawara, Hiroshi Kobayashi, Evaluating the clinical applicability of a wearable life assist device from a nursing perspective, Journal of Nursing science and Engineering, 2016.7
  5. Yutaka Matsuura, Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Kenji Watabe , Kayo Yoshimoto and Yuko Ohno Screening sleep disordered breathing with noncontact measurement in clinical site Journal of Robotics and Mechatronics Vol.29 No.2 (in press)
  6. 纐纈朋弥,石原多佳子,西元 裕,小林和哉,山崎仁朗,木和美,大野ゆう子 IT機器を介した高齢者地域見守りモデル事業導入時の課題 日本早期認知症学会誌 9巻2号43−48

大学・研究所等の報告

  1. 大野ゆう子 中小企業構成者に対する保健・医療情報ネットワークと健康管理に関する調査研究―高齢者の転落・転倒防止について― ―介護支援と被介護予防対策について― 2016年7月

解説・総説

  1. 鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子 化学物質過敏症高リスク群とアレルギー疾患の検討,アレルギーの臨床36巻6号
  2. 鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子 高校生における蕁麻疹の関連要因の検討,アレルギーの臨床37巻1号

国際学会

  1. Tomoko Tamaki, Anri Inumaru, Yumie Yokoi, Mayu Tomita, Michiko Kido, Yuko Ohno, Mayumi Tsujikawa Development and evaluation of a formulated End-of-Life simulation scenario for undergraduate nursing students using an Objective Strucutred Clinical Evaluation 20th EAFONS 2017. 3
  2. Tatsumi Y, Morimoto A, Sonoda N, Ohno Y, Miyamatsu N, Ohkubo T, Miyamoto Y, Sakaguchi S. Associations between alcohol consumption and incidences of insulin resistance and impaired insulin secretion according to γ-glutamyltranspeptidase levels in Japanese men. 48th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference. September.16-19,2016

国内学会

  1. 後野光覚,黒津明日大,岡田志麻,大野ゆう子 起床直後もしくは日中の認知力と睡眠の関係 SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム2016 OS:生体信号解析に基づく心身の健康評価,2016年11月
  2. 安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価と食事・睡眠とガスの関連性に関する研究 第4回看護理工学会学術集会 2016年10月11日
  3. 古島大資,河野梢子,梯正之,大野ゆう子 学校における欠席者数報告にもとづくインフルエンザ流行予測―パンデミック2009H1N1を対象として― 第26回日本疫学会学術総会 2016年1月
  4. 鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子 高校生の喫煙状況に関連する要因の検討 第86回日本衛生学会学術総会 2016年5月12日
  5. 河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子 服薬支援製品の企画・機能についての検討―在宅高齢者の服薬自己管理を継続して支援するために― 一般社団法人ITヘルスケア学会第10回記念学術大会 2016年5月
  6. 纐纈朋弥,石原多佳子,西元 裕,小林和哉,大野ゆう子 ライフラインを活用した山間地域で暮らす独居高齢者の生活の見守りの検討 一般社団法人ITヘルスケア学会第10回記念学術大会 2016年5月
  7. 石原啓之,大野ゆう子,原 純一,早田みどり 地域がん登録に基づいた小児がん罹患数の経年変化の検討 第23回がん予防学会学術総会 2016年7月1日、2日
  8. 大野ゆう子 介護ロボットの近未来〜人口知能、IoTによる生活支援 第14回大連合大会 2016年10月7‐9日
  9. 後野光覚,黒津明日大,岡田志麻,大野ゆう子 事象関連電位P300を用いた睡眠の質の評価 生体医工学シンポジウム2016,2016年9月
  10. 松裏豊、大野ゆう子、木戸倫子、丁憙勇、山田憲嗣 Depthカメラを用いた睡眠時呼吸状態のモニタリング評価に対する基礎的研究 第55回生体医工学会大会
  11. 玉木 朋子,辰巳 友佳子,木戸 倫子,大野 ゆう子 がん患者の痛みに対する効果的な看護支援内容の抽出 第29回日本サイコオンコロジー学会学術総会 2016年9月
  12. 藤井清孝、山田憲嗣 医療機器のusabilityに関する現状調査 第4回看護理工学会 2016年10月10日
  13. 藤井清孝、山田憲嗣 医療機器の使いやすさに関する現状調査 第11回医療の質・安全学会学術集会 2016年11月19日
  14. 玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓 End of Life看護シミュレーション教育の評価?シナリオの開発とフローによる評価 第36回日本看護科学学会学術集会 2016年12月
  15. 松裏 豊,大野ゆう子,園田奈央,河野愛弓,井上勇太,前本康央,梅田幸治 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える―第一報 病院の被害状況と対応― 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会 2017年2月
  16. 河野愛弓,大野ゆう子,園田奈央,松裏 豊,井上勇太,前本康央,梅田幸治 熊本地震の災害 急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える―第二報 ライフラインの被害状況の実態と対応― 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会 2017年2月
  17. 井上勇太,大野ゆう子,園田奈央,松裏 豊,河野愛弓,前本康央,梅田幸治 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える―第三報 医療継続に関わる―被害状況と対応― 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会 2017年2月
  18. 園田奈央,大野ゆう子,河野愛弓,松裏 豊,井上勇太,前本康央,梅田幸治 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える―第四報 患者の入院・転院及び避難者の来院の実態と対応― 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会 2017年2月

受賞

  1. 藤井誠,大野ゆう子 統計モデルに基づく相対リスク推定の比較検討 大規模疑似コホートデータを用いたシミュレーションアプローチ NTTデータ数理システム 学生研究奨励賞審査員特別賞 2016年11月

2015年度

学術論文

  1. Yuki Ando, Toshimitsu Hamasaki, Yuko Ohno Sample Size Considerations in Clinical Trials When Comparing Two Interventions Using Multiple Co-Primary Binary Relative Risk Contrasts, Statistics in Biopharmaceutical Research, 7: 2, 81-94, DOI: 10.1080/19466315.2015.1006373
  2.    
  3. Mai U,Ohno Y Risk of bile duct cancer among printing workers exposed to 1,2-dichloropropane and/or dichloromethane.Journal of Ossupational Health 2015;57:230-236.
  4. Junichi Nishimura,Mamoru Uemura,Taishi Hata,Ichiro Takemasa,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Hirofumi Yamamoto,Yuichiro Doki,Masaki Mori Combination antiemetic therapy with aprepitant/fosaprepitant in patients with colorectal cancer receiving oxaliplatin-based chemotherapy (SENRI trial): A multicentre, randomised, controlled phase 3 trial .European Journal of Cancer,2015.4
  5.    
  6. Noriyoshi Tanaka, Yuko Ohno, Megumi Hori, Mai Utada, Kenji Ito, Toshiyasu Suzuki, Fumiko Furukawa Predicting Preoperative Hemodynamic Changes Using the Visual Analog Scale. Journal of PeriAnesthesia Nursing 2015;30:460-467.
  7.    
  8. Noriyoshi Tanaka, Yuko Ohno, Megumi Hori, Mai Utada, Kenji Ito, Toshiyasu Suzuki, Fumiko Furukawa. JAPAN Author Honoraria. Journal of PeriAnesthesia Nursing 2016.1

国内学会

  1. 宇田川さち子,岩瀬愛子,大久保真司,薄雄斗,国松志保,小野浩,大野ゆう子,福地健郎,松本長太,杉山和久,新家眞 10度と15度の求心性視野狭窄が自動車運転に与える影響 第69回日本臨床眼科学会 2015年10月
  2. 木戸倫子,大野ゆう子,河野愛弓,丁憙勇,山田憲嗣,長倉俊明 薬物療法に関するガ・EECドラインと服薬支援の必要性から検討する療養分類 第16回日本早期認知症学会学術大会 2015年10月
  3. 河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,笠原聡子,大石雅子,丁憙勇,山田憲嗣  早期認知症高齢者に対する服薬管理・支援製品に求められる機能についての検討 第16回日本早期認知症学会学術大会 2015年10月
  4. 石原啓之,大野ゆう子,木戸倫子,安藤嘉子,藤井誠,澤田想野,松裏豊,谷山祐香里,今井秀人,河野愛弓,王天一 地域がん登録を利用した小児がんに関する基礎データ分析 第3回看護理工学会 2015年10月
  5. 澤田想野,大野ゆう子,伊藤ゆり,中山富雄 居住二次医療圏外で受療していることが生存率に与える影響について 第3回看護理工学会 2015年10月
  6.  
  7. 藤井誠,大野ゆう子,木戸倫子,山田憲嗣 機能評価係数U各係数における評価の妥当性の検討 第3回看護理工学会 2015年10月
  8. 今井秀人,森田陽大,浅井正,窪克彦,安藤嘉子,木戸倫子,丁憙勇,大野ゆう子,山田憲嗣 RFIDタグを利用した小型排泄センサーの研究 第3回看護理工学会 2015年10月
  9. 谷山祐香里,大野ゆう子,菫乙g,藤井誠,石原啓之,澤田想野,木戸倫子,松村泰志,藤井歩美,小林栄仁,木村正 網羅的治療経過データベースの構築についての検討 第3回看護理工学会 2015年10月
  10. 松裏豊,大野ゆう子,木戸倫子,丁憙勇,山田憲嗣 慢性心不全患者の睡眠時における呼吸に関するモニタリング評価についての研究 第3回看護理工学会 2015・N10月

2014年度

解説・総説

  1. 大野ゆう子 山田憲嗣 看護理工学における大学・研究機関の役割と人材育成 看護・Z術 9巻 60号 2014年8月72-73頁

学術論文

  1. 安藤健,武田真季,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫 官能評価と生理学評価に基づくヘッドケアロボットの開発 バイオメカニズム22-人間の動きの分析- 18号 2014年7月213-224頁
  2. Tomoko Tamaki, Yiqi Dong, Yuko Ohno, Tomotaka Sobue, Hiroshi Nishimoto, Akiko Shibata The burden of rare cancer in Japan:Application of the RARECARE definition. Cancer Epidemiology 38(4):329-464, 2014.8
  3. Yukako Tatsumi, Ikuko Mohri, Sachiko Shimizu, Masaya Tachibana, Yuko Ohno. Masako Taniike Daytime physical active and sleep in pre-schoolers with developmental disorders. Journal of Paediatrics and Child Health,2014.9

国際会議

  1. Fujii.M, Ohno.Y Relation analysis on the Second Functional Evaluation Coefficients and the hospital parameters; Based on the association of local in Japan. Association of Pacific Rim Universities Global Health Workshop 2015, 2015,October, OSaka.

国内学会

  1. 辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,大野ゆう子,水野正一,渡邊昌 大豆摂取の2型糖尿病,インスリン抵抗性,インスリン分泌不全に対する効果-75gOGTTで評価する大規模前向きコホート研究- 大豆たん白質研究第16回研究報告会記録 34巻16号 2014年月104-111頁
  2. 丸山知美,大野ゆう子,木戸倫子,山田憲嗣 皮膚の浸軟による角質層の変化の定量的評価 第2回看護理工学会学術集会 2014年10月
  3. 西村美樹,大野ゆう子,木戸倫子,山田憲嗣,米田智子,西本京子,星田徹 ビデオモニタリング及びシミュレーションに基づいた外来待合の混雑度評価 第2回看護理工学会学術集会 2014年10
  4. 藤井誠,大野ゆう子,石原啓之,辰巳友佳子,董乙g,劉暁輝,木戸倫子,山田憲嗣 機能評価係数U向上に向けたDPC病院の取り組みの方向性についての分析 第2回看護理工学会学術集会 2014年10
  5. 石原啓之,大野ゆう子,・リ戸倫子,薄雄斗,王天一,丁憙勇,山田憲嗣 ベッドからの転落予測のための基礎的研究 第2回看護理工学会学術集会 2014年10

2013年度

解説・総説

  1. 山田憲嗣,武田真季,大野ゆう子,看工融合領域におけるロボットによる心地良さへの試み,月刊機能材料 2013年2月号【特集】「心地良さ」を生み出す技術―感性重視型技術の最前線―,pp.43-47, 2013.2
  2. 大野ゆう子 生活と健康 文部科学省著作教科書 高等学校用 2013年83-347頁

学術論文

  1. Tanaka N, Ohno Y,Hori M,Utada M,Ito K・CSuzuki T A randomized controlled trial of the resistive heating blanket versus the convective warming system for preventing hypothermia during major abdominal surgery.  Journal of Perioperative Practice 23(4):82-86,2013.
  2. Shintani Y,Ikeda N,Matsumoto T,Kadota Y,Okumura M,Ohno Y Nutritional status of patients undergoing chemoradiotherapy for lung cancer.  Asian Cardiovascular & Thoractic Annals 20(2):172-176,2013.
  3. Koetaka H,Ohno Y,Morimoto K The change in lifestyle data during 9 years:the reliability and continuity of baseline health practices. Environmental Health and Preventive Medicine 18(4):335-340,2013.
  4. 安藤 健,廣瀬俊典,藤岡総一朗,水野 修,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫 ヘッドケアロボット使用が頭皮血流に与える短期的影響 生体医工学 2013年51巻2号157-161頁

国際会議

  1. Tatsumi Y, Ishihara J, Morimoto A, Ohno Y, Hirakawa Y, Tsugane S, Watanabe S Total Antioxidant Capacity Included in Fruits and Vegetable intake in a Japanese Population.  8th APCCN, 2013, June, Tokyo
  2. Tatsumi Y, Ishihara J, Morimoto A Total Antioxidant Capacity Included in Food intake in a Japanese Population.  8th APCCN, 2013, June, Tokyo
  3. Yoshimoto K, Yamada K, Sasaki N, Takeda M, Shimizu S, Nagakura T, Takahashi H, Ohno Y  Evaluation of a compound eye type tactile endoscope  SPIE Photonics West 2013, February,  San Francisco
  4. Nishimura T, Ogura Y, Yamada K, Ohno Y, Tanida J Photonic DNA Proces- sors with Fluorescence Resonance Energy Transfer-Based Signaling CLEO-PR&OECC/PS  2013, July, Kyoto
  5. Torii K, Shimizu S, Ohno Y Investigation on the Optimal Observation Time Interval for the Work Sampling at Hospital Wards; Based on the Big Continuous Time-And-Motion Study (TMS) Database.  35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013, July, Osaka
  6. Yahan G,・@ Ohno Y,  Feng Q,  ZhaoY H,  ZhiXiong W The discriminant analysis of the voice expression of emotion - Focus on the nursing experience - 35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013, July, Osaka
  7. Nakatani M, Okada S, Shimizu S, Mohri I, Ohno Y, Taniike M, Makikawa M Body Movement Analysis during Sleep for Children with ADHD Using Video Image Processing.  35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013, July, Osaka
  8. Ohno Y Design for innovative healthcare.  Academic meeting on the international research in healthcare field 2013, October, Taiwan
  9. Dong Y,・@Ohno Y Rare cancer in Japan.  Academic meeting on the international research in healthcare field 2013, October, Taiwan
  10. Nishimura T, Ogura Y, Yamada K, Ohno Y, Tanida J Amplification and encoding of biomolecular signals with designed reactions of DNA Biomedical Engineering International Conference 2013, October,  Krabi
  11. Yokoyama M,・EE@Nishimura T, Sakurai Y, Yamada K, Ohno Y Proposal of estimation method for drug concentration in blood by Raman spectroscopy of tear fluids  Biomedical Engineering International Conference 2013, October,  Krabi

国内学会

  1. 安藤健,廣瀬俊典・C藤岡総一郎,水野修,武田真季,丸山知美,山・c憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,官能評価と生理学評価を取り入れたヘッドケアロボットの開発.第23回バイオメカニズムシンポジ・Eム,京都,2013年7月
  2. 片山和子, 大・・艪、・q, 歌田真依, 堀芽久美, 清水佐知子, 西本 寛 院内がん登録全国集計を用いたがん患者受療動態の可視化に関する研究 第23回日本疫学会学術総会 2013年1月, 大阪
  3. 歌田真依, 大野ゆう子, 祖父江友孝, 堅山遥菜, 西野善一, 田中英夫, 中山富雄, 片野田耕太,富永祐民, 三府県コホート研究グループ 胃がん家族歴と胃がん死・Sリスクの関連 第23回日本疫学会学術総会 2013年1月, 大阪
  4. 堅山遥菜, 大野ゆう子, 祖父江友孝, 歌田真依, 西野善一, 田中英夫, 中山富雄, 片野田耕太,富永祐民, 三府県コホート・、究グループ 10年コホート調査に基づく職業と部位別がん死亡の関係 第23回日本疫学会学術総会 2013年1月, 大阪
  5. 森本明子, 辰巳友佳子, 出浦喜丈, 水野正一, 大野ゆう子, 渡辺 昌 インスリン分泌不全と抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究 第23回日本疫学会学術総会 2013年1月, 大阪
  6. 辰巳友佳子, 森本明子, 出浦喜丈, 水野正一, 大野ゆう子, 渡辺 昌 肥満度別のインスリン分泌不全及び抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究 第23回日本疫学会学術総会 2013年1月, 大阪
  7. 祖父江友孝, 歌田真依, 大野ゆう子, 圓藤吟史 肝内および肝外胆管がんの死亡・罹患率の年次推移 第83回日本衛生学会学術集会 2013年3月, 金沢
  8. 辰巳友佳子, 森本明子, 出浦喜丈, 水野正一, 大野ゆう子, 渡辺 昌 インスリン分・蝠s全と体重増加の糖尿病発症への影響 第49回日本循環器病予防学会 2013年6月, 金
  9. 歌田真依, 大野ゆう子, 堀芽久美, 早田みどり 多重がんの発生頻度と発生間隔 地域がん登録全国協議会第22回学術集会 2013年6月, 秋田
  10. ・ス田記子, 石井豊恵, 冨田耕平, 平野方子, 横内光子, 大野ゆう子, 清水佐知子, 東村昌代, 内田宣江・@一般病棟と外来化学療法室の看護業務における協働実態特徴 第 14 回日本医療情報学会看護学術大会 2013年7月, 札幌
  11. 歌田真依, 大野ゆう子, 堀芽久美, 岩永正子, 上平 憲, ・%cみどり ATL患者の多重がんの発生頻度と発生間隔 第6回HTLV-1研究会・シンポジウム 2013年8月, 東京
  12. 歌田真依, 大野ゆう子, 堀芽久美, 早田みどり 喫煙関連がんの多重がん発生頻度と発生間隔 2013年度統・v関連学会連合大会 2013年9月, 大阪
  13. 堀芽久美, 大野ゆう子, 加藤 毅, 尾路祐介 病理判定の一致度と判定に対する影響因子の施設間比較 2013年度統計関連学会連合大会 2013年9月, 大阪
  14. 山下和彦, 安在絵美, 中嶋香奈子, 山田憲嗣, 大野ゆう子, 太田裕治 子どもの成長過程における足部・足爪の変形と身体機能計測 第1回看護理工学会学術集会 2013年10月, 東京
  15. 西村隆宏, 山田憲嗣, 大野ゆう子 One-potでの多数生体分子の同時検出に向けた蛍光カラー符号化の検討 第1回看護理工学会学術集会 2013年10月, 東京頁
  16. 薄 雄斗, 大野ゆう子, 安藤 健, 木戸倫子, 西村隆宏, 山田憲嗣 看護系大学における看護理工学教育について-実践三年間の経緯- 第1回看護理工学会学術集会 2013年10月, 東京
  17. 林 真利, 吉本佳世, 西村隆宏, 木戸倫子, 山田憲嗣, 大野ゆう子 胸鎖関節と耳介での脈波伝播時間を用いた非侵襲血圧推定の提案 第1回看護理工学会学術集会 2013年10月, 東京
  18. 横山萌恵, 西村隆宏, 櫻井芳昭, 山田憲嗣, 大野ゆう子 ラマン分光に基づく涙液中薬物濃度測定による処方薬服用確認手法の検討 第1回看護理工学会学術集会 2013年10月, 東京
  19. 柴田亜希子, 玉木朋子, 董 乙g, 大野ゆう子, 祖父江友孝, 西本 寛 日本の稀少がん罹患の実態-EUの稀少がんの定義の適用 第72回日本癌学会学術総会 2013年10月, 横浜
  20. 丸山知美, 玉木朋子, 堀芽久美, 歌田真依, 大野ゆう子 カネミオイル事件と乳幼児がん死亡との関係 大分統計談話会第48回大会 2013年10月, 大分
  21. 玉木朋子, 大野ゆう子 看護領域におけるメタア・iリシス ・蛛EEEェ・搆v談話会第48回大会 2013年10月, 大分
  22. 薄 雄斗, 大野ゆう子, 岩瀬愛子, ・テ田 誠, 小野 浩, 国松志保, 新家 眞 ドライブ中の視点解析 大分統計談話会第48回大会 2013年10月, 大分

講演会

  1. 大野ゆう子 ・宴塔`ョンセミナー 成功す・驫ナ護現場への機器導入 第44回・本看護学会 2013年4月,鹿児島
  2. 大野ゆう子 シンポジウム 単身者急増社会における看護・看護教育〜ロボットが変えるもの〜 第55回近畿看護学会 2013年10月,大阪
  3. 大野ゆう子 サービス工学研究センター サービス工学コンソーシアム第6回会合における特別講演 2013年2月28日,東京

報道

  1. 堅山遥菜, 大野ゆう子, 祖父江友孝 管理・技術職女性 乳がん注意 朝日新聞夕刊2013年2月16日/li>
  2. 大野ゆう子, 山田憲嗣, Panasonic 医療・シルバー「シルバー市場に挑む」 洗髪ロボ、介護負担軽く 日経産業新聞2013年3月

主催学会

     ・@  
  1. 大野ゆう子 第44回日本看護学会看護管理学術集会 「成功する看護現場への機器導入」への道  大阪国際会議場 2013年9月20日

受賞

        
  1. 辰巳友佳子, 森本明子, 出浦喜丈, 大野ゆう子, 水野正一, 宮松直美 第3回日本循環器管理研究協議会 予防医学賞
  2. 西村隆宏,小倉裕介,山田憲嗣,大野ゆう子,谷田 純,蛍光カラー符号化による簡易分子スクリーニング技術の検討.生活生命支援医療福祉工学系連合大会(LIFE2013),若手プレゼンテーション賞,山梨,2013年9月

2012年

著書

  1. Iahii A,Nakamura T,Ohno Y,Kasahara S Investigation of a methodology for the quantitive estimation of nursing tasks on the basis of time stusy data Advances in Discrete Time Systems MS Mahamoud Eds 2012 Open Access INTECH
  2. 大野ゆう子,笠原聡子 研究デザインと研究手法 看護研究の進め方 論文の書き方 早川和生編 2012年59-80頁 医学書院
  3. 大野ゆう子,清水佐知子,笠原聡子 統計学を応用した研究 これからの看護研究-基礎と応用- 小笠原知枝,松木光子編 2012年397-408頁 ヌーヴェルヒロカワ

学術論文

  1. Ando T,Tanaka N,Yamada K,Ohno Y Drip Adjuster: Use of an LED display to manually adjust intravenous fluid infusion rate.Journal of Robotics and Mechatronics 24:452-457,2012.
  2. Morimoto A,Ohno Y,Tatsumi Y,Nishigaki Y,Maejima F,Mizuno S Risk of smoking and body mass index for incidence of diabetes mellitus in a rural Japanese population. Preventive Medicine 54(5):341-344,2012.
  3. Tanaka N,Ohno Y,Hori M,Utada M,Ito K,Suzuki T High preoperative anxiety level and the risk of intraoperative hypothermia. International Journal of Clinical Medicine 11(3):461-468,2012.
  4. Tatsumi Y,Ohno Y,Morimoto A,Nishigaki Y,Maejima F,Mizuno S U-shaped relationship between body mass index and incidence of diabetes. Diabetology International 3(2):92-98,2012.
  5. Utada M,Ohno Y,Shimizu S,Ito Y,Tsukuma H Cancer incidence and mortality in Osaka, Japan: future trends estimation with age-period-cohort model. Asian Pacific Journal of Cancer Prevention 13:3893-3898,2012.
  6. Yamakawa Y,Furutani K,Inanobe A,Ohno Y,Kurachi Y Pharmacophore modeling for hERG channel facilitation. Biochem Biophys Res Commun 2(418)161-166,2012.
  7. 安藤 健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子 電動ベッドに後付け可能な起立支援機器の提案 日本機械学会論文集C・メ 2012年 78巻785号151-162頁

国際会議

  1. Hori M,Ohno Y,Shimizu S,Utada M Prognostic factors in cancer patients using classification 34th International Association of Cancer Registries Conference Programme & Abstracts,2012,September,132
  2. Nakatani M,Okada S,Shimizu S,Ohno Y,Makikawa M Autimated approach for time study about transporting patients with wheel chair World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,2012,May,CD-ROM
  3. Okada S,Koyama K,Shimizu S,Mohri I, Ohno Y, Taniike M Comparison of gross body movements during sleep between normally developed children and ADHD children using video image World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,2012,May,CD-ROM
  4. Takeda M,Yamada K,Susuki Y,Yoshimoto K,Sasaki N,Shimizu S, Ohno Y Examination of cleansing effect by shampooing care World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,2012,May,CD-ROM
  5. Utada M,Ohno Y,Shimizu S,Hori M,Soda M Characteristics of the prognosis of the patient with multiple primary cancer 34th International Association of Cancer Registries Conference Programme & Abstracts,2012,September,149
  6. Yamada K,Takahashi H,Nagakura T,Ishihara K,Ohno Y Study of tactile endoscope using silicone rubber membrane based on image processing SPIE Photonics West 2012 Technical program spieorg/pw12,2012,September,106
  7. Yamada K,Yoshimoto K,Takeda M,Nagakura T,Ishihara K,Ohno Y Development of tactile sensor using TOMBO SPIE Optics+Photonics 2012. 2012,August,CD-ROM
  8. Yoshimoto K,Yamada K,Sasaki N,Takeda M,Shimizu S,Ohno Y Compound-eye type tactile endoscope World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. 2012,May,CD-ROM

国内学会

  1. Kohketsu T,Ohno Y,Ishihara T,Tamaoki M,Gokan Y Automated time-and-motion studies of the operational status of home-visit nursing-care stations JBMES2012,2012,September,CD-ROM
  2. Nakatani M,Okada S,Ohno Y,Shimizu S,Makikawa M Automated Approach for Time Study about Transporting Patients with Wheel Chair The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering,2012,September,CD-ROM
  3. Ohno Y Design for the innovative healthcare The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering,2012,September,CD-ROM
  4. Okada S,Shimizu S,Mohri I,Ohno Y,Taniike M,Makikawa1 M Sleep Stage Estimation Method for Children Using Body movement The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering,2012,September,CD-ROM
  5. Yoshimoto K,Takeda M,Sasaki N,Shimizu S,Yamada K,Ohno Y Monitoring patient in privacy space The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering,2012,September,CD-ROM
  6. Susuki Y,Ohno Y,Shimizu S,Ando T,Yamada K What and How do the students in the nursing course learn relating to the biological & physiological engineering The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering,2012,September,CD-ROM
  7. 丸山知美,武田真季,吉本佳世,佐々木なぎさ,薄 雄斗,安藤 健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子 洗髪時に・ィける看護師・・ィ・メの腰への負担につい・トの評価・@生体医工学シンポジウム2012抄録集 2012年9月CD-ROM
  8. 吉本佳世,山田憲嗣,佐々木なぎさ,武田真季,清水佐知子,大野ゆう子 複眼型触覚内視鏡の検討 第51回生体医工学会大会プログラム・抄録集 2012年5月CD-ROM
  9. 坂田奈津美,安藤 健,藤谷順・q・C・ホ川秀俊,藤本雅・j,小池友和,纐纈朋弥,清水佐知子,山田憲嗣,大野ゆう子,藤江正克 ・舶ェ荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードバックシステム 日本機械学・・E・4回バイオエンジニアリング部門講演会抄録集 2012年1月CD-ROM
  10. 森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈夫,水野正一,大野ゆう・q,渡邊 昌 糖尿病発症へのインスリン分泌不全及び抵抗性の影響 第48回日本循環器病予防学会抄録集 2012年6月103頁
  11. 大野ゆう子 「看護系」と「工学系」の会話 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2012抄録集 2012年11月CD-ROM
  12. 辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈夫,水野正一,大野ゆう子,渡邊 昌 Impaired Glucose Toleranceの糖尿病発症リスクと糖尿病発症予測に有効な血糖指標 第48回日本循環器病予防学会抄録集 2012年6月103頁
  13. 長倉俊明,伏井義人,山田憲嗣,大野ゆう子 病院の臭気の局在と臭気除去の研究 第51回生体医工学会大会プログラム・抄録集 2012年5月CD-ROM
  14. 武田真季,山田・寰k,薄 雄斗,吉本佳世,佐々木なぎさ,清水佐知子 洗髪による洗浄効果の検討 第51回生体医工学会大会プログラム・抄録集 2012年5月CD-ROM
  15. 鳥居佳奈子,清・・イ知子,大野ゆう子 調査目的に応じた最適な看護業務タイムスタディ設計に関する研究 第32回医療情報学連合大会2012抄録集 2012年11月CD-ROM

報道

  1. 大野ゆう子 ロボを遠隔・作:お・N寄り・ニ交・ャ 京都と交信 能美の児童が挑戦 北陸中日新聞2012年2月28日
  2. 大野ゆう子 人・^ロボットで「会話」:宮竹小児童と京都の高齢者 北國新聞2012年2月28日
  3. 大野ゆう子 山田憲嗣 ミウラ・阪大、翻訳ソフト開発 「問診外国人も安心」 ・Y経新聞2012年10月23日

受賞

  1. 歌田真依 Effect of Multiple Primary Cancer on Survival Rate (社)生産技術振興協会 平成24年度前期・海外論文発表奨励賞 2012年4月

2011年

著書

  1. Sachiko Shimizu, Rie Tomizawa, Maya Iwasa, Satoko Kasahara, Tamami Suzuki, Fumiko Wako, Ichiroh Kanaya, Kazuo Kawasaki, Atsue Ishii, Kenji Yamada Yuko Ohno Nursing business modeling with UML, Modern Approaches To Quality Control, Ahmed Badr Eldin(Ed.)
  2. 大野ゆう子,森本明子,歌田真依,堀芽久美 第I章総論6節 がんの疫学 がん放射線治療と・ナ護の実践 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象ケア(第1版) 金原出版 2011年11・・0-78頁

学術論文

  1. Hori K, Okada H, Kawahara Y, Takenaka R, Shimizu S , Ohno Y, Onoda T, Sirakawa Y, Naomoto Y, Yamamoto K: Lugol-Voiding Lesions Are an Important Risk Factor for a Second Primary Squamous Cell Carcinoma in Patients With Esosphageal Cancer or Head and Neck Cancer American Journal of Gastroenterology 106:858-866, 2011.
  2. Inoue M,Honda O,Tomiyama N,Minami M,Sawabata N,Kadota Y,Shintani Y,Ohno Y,Okumura M Risk of pleural recurrence after computed tomographic-guided percutaneous needle biopsy in stage I lung cancer patients. The Society of Thoracic Surgeons 91:1072-1072,2011.
  3. Iwasa M,Ohno Y,Tsutsui A,Shimizu S Decision making factors behind the use of modern and traditional medicine of healthcare workers in five African Francophone countries. Japan Journal of Health and Human Ecology 77(1):3-17・C2011.
  4. Iwasa M,Ohno Y,Shimizu S  The study on the visualization of utilization behaviors in health care in Africa by Unified Modeling Language. The journal of Senri Kinran University in press, 2011.
  5. Suzuki T,Ohno Y,Bai Y,Inoue M Research into the Symptoms of Sick House Syndrome and/or Multiple Chemical Sensitivity Patients and Indoor and Outdoor Air Quality. Japanese Journal of Applied IT Healthcare 6:154-166,2011.
  6. Furutani K,Yamakawa Y,Inanobe A,Iwata M,Ohno Y,Kurachi Y A mechanism underlying compound-induced voltage shift in the current activation of hERG by antiarrhythmic agents Biochemical and Biophysical Research Communications 415:141-146,2011.

解説・総説

  1. 清水佐知子,大野ゆう子,岩佐真也,尾島・T子,林剣煌,冨澤理恵,大西喜一郎,本杉ふじゑ,岡田千鶴タイムスタディによる看護業務プロセスの可視化 生体医工学 48巻6号536−541頁2011年

国際会議

  1. Takeda M,Sasaki N,Yoshimoto K,Ando T,Shimizu S,Yamada K,Ohno Y Detection of patient's sign of falls  The Second AMA-IEEE Medical Technology Conference,2011,October.
  2. Yoshimoto K,Takeda M,Sasaki N,Ando T,Shimizu S,Yamada K,Ohno Y Detection of abnormal event in toilet  The Second AMA-IEEE Medical Technology Conference,2011,October.
  3. Tanaka N,Ohno Y Visual Analog Scale for Effective Measurement of Physiological Change before Induction of Anesthesia Virginia Henderson International Nursing Library,2011,November.

国内学会

  1. 大野ゆう子,山田憲嗣,清水佐知子,武田真季,佐々木なぎさ,本田幸夫,高橋里恵,笠原聡子,岡田千鶴,酒井文代,池川充洋 業務改善に向けたタイムスタディのあり方の研究-看護スタッフと患者の双方の視点から- 病院設備 2011年11月53巻6号1-D活動報告4
  2. 田中範佳,大野ゆう子,鈴木利保 側臥位・腹臥位での局所圧迫を回避できる枕の検討 日本手術医学会誌 2011年10月32巻Supplement74頁
  3. 伏井義人,山田憲嗣,大野ゆう子,安藤 健,清水佐知子,江田英雄,本田幸夫,・キ倉俊明,石原 謙  実験実習用人工心肺シミュレータの基礎的検討 生体医工学シンポジウム2011 2011年9月
  4. 堀芽久美,大野ゆう子,清水佐知子,歌田真依,松村泰志 長期外来患者の判別問題・@日本行・ョ計量学会・・E9・・蜑・Eエ録集 2011年9月427-428頁
  5. 歌田真依,大野ゆう子,清水佐知子,伊・。ゆり,津熊秀明 大阪府のがん罹患数・死亡数将来推計 地域がん登録全国協議会第20回学術集会抄録集 2011年9月35頁
  6. 歌田真依,大野ゆう子,清水佐知子,堀芽久美,早田・Eンどり がん生存率検討・ノおける死因の影響について 長崎・ァがん登録に基づくIncidence Mortality比の検討から 日本行動計量学会第39回大会抄録集 2011年9月125-126頁
  7. 歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり 2020・Nまでの長・闌ァのが・怐Eウ者数推計:地域がん登録データを基にして 長崎県がん要因調査事業報告 2011年3月137-138頁
  8. 歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり 長崎県におけるがん患者の受療動態分析:がん要因調査の基礎資料として 長崎県がん要因調査事業報告 2011年3月119-123頁
  9. 清水佐知子・C冨澤理恵,林剣煌,・倦コ昌代,飯沼正博,石井豊恵,山田憲嗣,大野ゆう子 看護ケアサプ・宴Cチェインにおける看護師業務遂行に関する分析 第50回日本生体医工学会 2011年4月 ・結・/li>
  10. 清水佐知子,冨澤理恵,尾島裕子,大井慎太郎,井上泰子,田・・?つ子,本杉ふじゑ,岡田千鶴,山田・寰k,大野ゆう子 患者移送業務のオブジェクト指向モデリングと業務遂行時間に関する一考察 第50回日本生体医工学会 2011年4月 東京
  11. 清水佐知子,加藤久美,毛利育子,下野久理子,辰巳友佳子,大野ゆう子,谷池雅子 幼児におけるメディア使用と睡眠との関連 第3回日本臨床睡眠医学会学術集会 2011年9月 神戸
  12. 岡田志麻,小山圭祐,清水佐知子,大野ゆう子,毛利育子,谷池雅子,牧川方昭 動画を用いたADHD児の睡眠時における体動解析 第3回日本臨床睡眠医学会学術集会 2011年9月 神戸
  13. 笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,沼崎穂高,清水佐知子 看護業務における中断の影響測定に関する研究 ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録・W 2011年6月6巻1号31-34頁
  14. 笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,清水佐知子 業務interruptionにおける看護師の臨床判断論理に関する研究 日・{行動計量学会第39回大会抄録集 2011年9月233-236頁
  15. 吉本佳世,大野ゆう子,辰巳友佳子,武田真季,伏井義人,片山和子,堅山遥菜,安藤 健,清水佐知子,山田憲嗣,内田光也 着衣型ホメオス・^シス支援素材の開発-・Q衣・ェ睡・ーに・Eyぼす影響について- ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録集 2011年6月6巻1号115-116頁
  16. 堅山遥菜,大野ゆう子,清水佐知子,歌田真依,片山和子,早田みどり 地域がん登録を用いた乳がん患者の予後と関連する要因についての検討-長崎県がん・o録を・pいて- 日本行動計量学会第39回大会抄録集 2011年9月127-128頁
  17. 佐々木なぎさ,武田真季,安藤 健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,岡田千鶴,北垣和彦,高橋里枝,本田幸夫 病院外来配置換え前後の動線分析報告―病院・X・^・Ebフの動線分析報告― ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録集 2011年6月6巻1号43-44頁
  18. 佐々木なぎさ,武田真季,山田憲嗣,清水佐知子,岡田千鶴,大野ゆう子 長期療養型病院の外来配置換え前後における患者・病院スタッフの動線の変化に関する研究 第50回日本生・フ医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会・潤j第49巻特別号(・vログラム・抄録集)日本生体医工学学会 2011年4月49巻1号28頁
  19. 山田憲嗣,武田真季,佐々木なぎさ,田中範佳,堅山遥菜,清水佐知子,長倉・r明,石原 謙,大野ゆう子 看護学生による看護工学の実例 第50回日本生体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会誌)第49巻特別号(プログラム・抄録集)日本生体医工学学会 2011年4月49巻1号73頁
  20. 松村隆史,武田真季,奥野弘嗣,山田憲嗣,大野ゆう子,八木哲也 網膜チップセンサーを用いた病院内人物モニタシステムの開発 MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)電子情報通信学会技術研究報告 2011年3月110巻460号141-145頁
  21. 森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,水野正一,渡邊 昌 糖尿病発症への喫煙および肥満度の影響 日本循環器病予防学会誌 2011年6月46巻2号151頁
  22. 森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,渡邊 昌,水野正一 健康診断受診者のBMI値のパーセンタイル曲線 第21回日本疫学会学術総会講演集 2011年1月21巻1号276頁
  23. 大野ゆう子 看工融合研究と人材育成 第50回日本生体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学・・潤j第49巻特別号(プログラム・抄録集)日本生体医工学学会 2011年4月49巻1号62頁
  24. 辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,前島文夫,西垣良夫,水野正一,渡邊 昌 壮年期から中年期におけるBMI・フ変化・ニ・恃A病発症の関・A 日本・z・ツ器病・\防学会誌 2011年6月46巻2号138頁
  25. 辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,前島文夫,西垣良夫,渡邊 昌,水野正一 健康診断受診者の血圧値のパーセンタイル曲線 第21回日本疫学会学術総会講演集 2011年1月21巻1号277頁
  26. 長倉俊明,山田・寰k,大・・艪、子,生田幸士,石原 謙 デザインによる医療の安全向上への検討(看護工学による医療支援) 第50回日本生体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会誌)第49巻特別号(プログラム・抄録集)日本生体医工学学会・@2011年4月49巻1号241頁
  27. 長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原 謙 医用工学と看護工学による産業振興への提案 第50回日本・カ体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会誌)第49巻特別号(プログラム・抄録集)日本生体医工学学会 2011年4月49巻1号293頁
  28. 武田真季,山田憲嗣,佐藤浩美,吉川秀樹,清水佐・m子・C大・・艪、子,長倉俊明,石原 謙 病院内の見守りシステム 第50回日本生体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会誌)第49巻特別・・iプログラム・抄録集)日本生体医工学・w会 2011年4月49巻1号73頁
  29. 岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子 セネガルの・Zレール民族の生活と医療 第76回日本民族衛生学会総会 2011年11月124-125頁
  30. 岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子 受療行動と治療費:セネガル,ファティック州での住民調査 第52回日本熱帯医学会大会第26回日本国際保健医療学会学術大会合同大会 2011年106頁
  31. 森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,水野正一,渡邊 昌 肥満度の糖尿病発症に対する影響の年代差 大分統計談話会第44回大会 2011年10月
  32. 辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,水野正一,渡邊 昌 喫煙と肥満度の糖尿病発症への影響 大分統計談話会第44回大会 2011年10月
  33. 馬醫世志子,鈴木珠水,大野ゆう子,棚橋さつき 訪問看護ステーションにおける休日夜間電話対応についての実態調査 ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録集 2011年6月6巻1号91-94頁
  34. 冨沢理恵,早川和生,大野ゆう子,石井豊恵,東村昌・縺C清水佐知子 看護業務中断についての報告 ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録集 2011年6月6巻1号41-42頁
  35. 堀芽久美,大野ゆう子,清水佐知子,歌田真依,早田みどり,濱崎俊光 がんの生存率に対・キるマルコフモデ・汲フ適用につ・「て 応用統計学会2011年度年会講演予稿集 2011年6月112-113頁
  36. 鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,棚橋さつき 訪問看護ステーション利用者の情報共有に関する研究―デジタルフォトフレームを活用して― ITヘルスケア学会第五回年次学術大会抄録集 2011・N6月6巻1・・1-84頁
  37. 武・c真季,吉本佳世,佐々木なぎさ,安藤 健,清水佐知子,山田憲嗣, 大野ゆう子 病院内のプライバシー空間における異常検知 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講・演・@2011・N12月

報道

  1. Ohno Y,Yamada K Unsurpassed Pedigree in Translational Medicine OSAKA IN FOCUS Science 6-7,2011,February.

受賞

  1. 田中範佳 Drip Adjuster Medical Design Award 2010 奨励賞・観客賞 2011年6月,東京
  2. 田中範佳,大野ゆう子,鈴木利保 ・、臥位・腹・辷ハでの局所圧迫を回避できる枕の検討 日本手術医学会プログラム委員会期待演題 日本デザインアワード観客賞 2011年10月,鹿児島
  3. 歌田真依,大野ゆう子・C清・・イ知子,伊藤ゆり,津熊秀明 大阪府のがん罹患数・死亡数将来推計 地域がん登録全国協議会第20回学術集会 優秀ポスター賞 2011年9月,千葉
  4. 清水佐知子,加藤 久,毛利育子,野九 理,大野ゆう子,谷池雅子 小児保健協会小児保健奨励賞 2011年9月
  5. 森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,水野正一,渡邊 昌 糖尿病発症への喫煙および肥満度の影響 日本循環器病予防学会Young Investigator’s Award最優秀賞 2011年6月,福岡
  6. 佐々木なぎさ,武田真季,安藤 健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,岡田千鶴,北垣和彦,高橋里枝,本田幸夫 病院外来配置換え前後の動線分析報告−病院スタッフの動線分析報告− ITヘルスケア学会 第5回年次学術大会Young Investigator’s Award 2011年6月,大阪

▲ページトップに戻る