大阪大学では新しい癌の治療法を開発しています      

WT1ワクチンTop


新着ニュース

2008年
4月23日 HLA-A*0201の固形癌、急性白血病などに対するWT1ワクチン第I相臨床試験の仮登録は終了しました。現在新規のエントリーは行っておりません。
2007年
6月14日 膵臓癌の症例登録用紙を追加しました。
2006年
10月27日 WT1関連文献を更新しました。
6月27日 CMLの症例登録用紙を改訂しました。
6月22日 WT1ワクチンの対象が拡大しました―これまでは白血球の型がHLA-A*2402の方
  (日本人の約60%)だけが対象でしたがHLA-A*0201の方(日本人の約20%)も対象になりました。

慢性骨髄性白血病に対するグリベック併用WT1ワクチン(HLA-A*2402)の臨床試験がスタートです。

WT1ワクチンの効果を高めることを目的として
  GM-CSF併用WT1ワクチン(HLA-A*0201の固形癌、急性白血病など)および
  BCG-CWS併用WT1ワクチン
(HLA-A*2402の固形癌)の臨床試験がスタートしました。
6月19日 固形癌および急性白血病の症例登録用紙を改訂しました
4月26日 WT1関連文献を更新しました。
臨床試験事務局の住所を変更しました。
3月8日 WT1関連文献を更新しました。
1月5日 WT1関連文献を更新しました。
2005年
6月25日 固形癌症例登録用紙を改訂しました
2004年  
8月18日 症例登録用紙を更新しました
8月27日 第I相臨床試験の結果が米国科学アカデミー紀要
Proc Natl Acad Sci U S A)にアクセプトされました (→関連文献
12月6日 関連文献を更新しました