Home本講座の趣旨

本講座の趣旨

 医学と工学の連携研究は近年増加してきたが、保健看護学と工学の共同研究連携はこれまでほとんどない。臨床看護の問題を工学的理論や方法により解決していくためには, 基本的な工学理論・技術の理解が必要であり、工学系研究者との交流が重要である。
 本講座はわが国初の保健看護学と工学との共同研究講座であり、本分野の創設と発展を担う講座といえる。保健看護学における基礎的課題について工学的視点をとりいれて研究するだけではなく、学生達がその研究に関る過程において必要となる学習課題についても検討し本分野の基盤となる人材育成を図るとともに、その成果を臨床看護ケア技術として飛躍的に進展させることを視野にいれ研究を進める。
 これらの研究を進めることにより保健看護学と工学の連携が学問的にも進展し、それぞれのバックグラウンドを持つ学生が共同研究できるプラットフォームを構成する 本講座で構築された成果が新たな臨床看護技術に結びつくことはわが国だけでなく世界の看護レベル向上にも寄与するものであり、国際的にも大阪発の多様な情報を発信できるものと期待される。また、本講座における教育方法論は、わが国の保健看護学領域に新たな分野を開拓するものであり大きな貢献を為す。

大学院生・研究生募集

sample/bosyuu.jpg

 看工融合講座では、大学院生(博士前期課程・博士後期課程)・研究生を募集しています。
 研究に意欲がある方であれば、工学の知識が全くない方でも、また工学など他の分野の方々も歓迎いたします。

ページトップへ
Copyright (C) 大阪大学大学院医学系研究科 ロボティクス&デザイン看工融合共同研究講座 All Rights Reserved.