Home研究内容

研究

看工融合講座での研究内容を紹介します。

インテリジェントビジョンセンサを用いた転倒転落予知の研究

 転倒は日常的出来事であり、多くは偶発的な事故として扱われる。転倒・転落は、病院内でのインシデントの上位に位置するだけでなく、歩行移動能力低下を反映することで生活活動を著しく退行させ、生活の質を損なう結果を導く。
 そのため、当研究では転倒転落などの危険行為を事前にキャッチをして看護師に連絡をするための、転倒転落検知システムを構築しようと考える。
 プライバシの保護、無拘束な状態での患者の行動をモニタリングするためにインテリジェントビジョンセンサを用いて、リアルタイム画像処理を行う。

インテリジェントビジョンセンサを用いたプライバシー空間における動作検出

 転倒は日常的出来事であり、多くは偶発的な事故として扱われる。転倒・転落は、病院内でのインシデントの上位に位置するだけでなく、歩行移動能力低下を反映することで生活活動を著しく退行させ、生活の質を損なう結果を導く。
 当研究では、プライバシー空間であるトイレットにおける異常行動を主に考え、異常行動を無拘束でセンシングすることを考える。
 そのためにインテリジェントビジョンセンサを用いて、リアルタイム画像処理、表情など個人情報を載せずに、移動量だけの時系列信号を解析する。
 また、当研究では、発生時にADLを低下させる転倒だけでなく、重篤な結果をもたらす縊首などの特異動作を含めて検出することを可能とする。

タイムスタディを支援するタイムペンの開発

 現在日本では、医療従事者の人員不足が深刻な問題となっている。1人辺りの業務量増加に伴い疲労が蓄積し、医療事故発生の要因となっている。医療事故発生数を減らすには、個々の看護師の業務量を把握し、負担を均等にする必要がある。
 看護業務は、看護日誌をはじめとして、多くの記録をする筆記作業が多い。しかし、このような作業を定量的に評価する手段が少なく作業効果を検証することが進んでいない。
 当研究では、看護業務の記録を行う作業および看護業務を計測する装置として使用するペンに着目した。この記録を解析することにより、看護業務の解析および定量的評価に関する検討を行う。

    
Drip Adjuster / 輸液管理

 Drip Adjusterは短時間で輸液投与量の調節を可能にした、輸液管理へのサポート機器。
 医師や看護師が行う輸液管理をスピーディーに行い、ストレスなく正確で安全に輸液投与ができることに主眼を置いた。
 輸液筒にDrip Adjusterを装着し、投与量を選択する。LEDの点滅に合わせてクレンメを動かして滴下を調節する。従来行っていた時計の秒針を用いた方法に比べて短時間で目的の輸液投与量に調節ができる。滴下筒がLEDの点滅で照らされることで、輸液投与量の確認を夜間等の明るさの足りない状況においても容易に輸液管理ができるため、療養者の睡眠を妨げることがない利点がある。また、災害時などのクリティカルな状況下でも適切な輸液管理ができる。

    
無人タイムスタディに関する研究

 現在の日本では高齢社会が到来しており、病院・施設内において高齢者が増加している。今後の高齢者の増加を考えると、病院内において高齢者が行動しやすい環境を整えていく必要がある。
 本研究では、通院高齢者が多いA病院を対象とし、外来受付場所などの変更など外来配置換え前後の患者および病院スタッフの動線の変化を検証することを目的とする。特に、外来での混雑の原因となる項目を抽出するとともに、配置換え前後における病院スタッフや車いす利用者、杖歩行者の動線変化を解析する。

    
シリコーンラバーを用いた触覚内視鏡の検討

 内視鏡の技術の発展により、数多く内視鏡化で手術が行われている。しかし、内視鏡手術共通の問題点として、鉗子を使用するため臓器に触れる感覚がないということが挙げられる。
 そこで、シリコーンを内視鏡先端に取り付けた触れる感覚のわかる"触覚内視鏡"を提案する。このシステムでは、先端のシリコーンと対象物を接触させ、シリコーンの変位から対象物の硬さを計測する。この手法を新しい診断の方法として発達させていきたいと考えている。

    
RFIDタグを利用した排尿検知に関する研究

 次世代バーコードと考えられているRFID(Radio Frequency Identification)に注目が集まっている。RFIDは微小な無線チップにより人やモノを識別・管理する仕組みであり、流通業界でバーコードに代わる商品識別・管理技術として研究が進められてきた。これまでの医療現場においては、通常、衣料品や医療材料の追跡という観点から電子タグが活用されてきた。
 超高齢化社会が進み、寝たきりの高齢者が急増している。寝たきりの高齢者の多くは、紙おむつを使用している。定期的におむつの交換が行われているが、交換後に排尿した場合、次の交換時まで不快な状態で放置される。また、介護者は被介護者(寝たきりの高齢者)のおむつを開けた後に初めておむつの交換が必要かどうかの判断を行う。そのため、おむつが汚れていない場合、再度おむつを付け直すといった作業が生じ、作業効率が悪い。これらの問題点を解決するため、当研究では、紙おむつに内蔵可能な小型の使い捨て失禁センサの開発を行っている。

ページトップへ
Copyright (C) 大阪大学大学院医学系研究科 ロボティクス&デザイン看工融合共同研究講座 All Rights Reserved.