Home研究業績

2018年

国際会議

  1. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, “Measurement of Heart Rate through Handgrip”, IEEE Biomedical and Health Informatics and the Body Sensor Networks Conferences 2018. (No.118).

2017年

著書

  1. Hieyong Jeong, Yutaka Matsuura, Yuko Ohno, "Measurement of Respiration Rate and Depth Through Difference in Temperature Between Skin Surface and Nostril by Using Thermal Image", MEDINFO 2017: Precision Healthcare through Informatics, Edited by Adi V. Gundlapalli, Marie-Christine Jaulent, Dongsheng Zhao, IOS Press, DOI:10.3233/978-1-61499-830-3-417,Volume 245: 417-421. (published)
  2. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, "Evaluation and Fault Classification for Service Robot during Sit- to-Stand Movement through Center of Mass", Service Robot, Edited by Antonio Jose Ribeiro Neves, INTECH, ISBN: 978-953-51-3723-8,print ISBN:978-953-51-3722-1,chapter3,pp.45-63. (published)

学術論文

  1. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, "Evaluation of Self-Reliance Support Robot Through Relative Phase,", in IEEE Access, vol. 5, pp. 17816-17823, 2017. doi: 10.1109/ACCESS.2017.2747841.
  2. Hieyong Jeong,Yuko Ohno, "Introduction of Recognition for Musculoskeletal Disorders", DOI: 10.15406/iratj.2017.03.00047.Volume 3 Issue 1 - 2017.
  3. Hieyong Jeong,Yuko Ohno, "Control of twisting manipulation using a multi-fingered robotic hand with a common rotational axis", ISSN: 1598-6446 (print version) ISSN: 2005-4092 (electronic version).Journal no. 12555.
  4. Hieyong Jeong,Yuko Ohno, "Symmetric lifting posture recognition of skilled experts with linear discriminant analysis by center-of-pressure velocity", Springer Intel Serv Robotics (2017). doi:10.1007/s11370-017-0227-8.
  5. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Mikio Watanabe, Yoshinori Iwatani, Yuko Ohno, "Fault classification with discriminant analysis during sit-to-stand movement assisted by a nursing care robot", Mechanical Systems Signal Processing(in press).
  6. Yutaka Matsuura,Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Kenji Watabe, Kayo Yoshimoto, Yuko Ohno"Screening Sleep Disordered Breathing with Noncontact Measurement in a Clinical Site", Robotics and Mechatronics Vol.29 No.,2017.

国際会議

  1. Hieyong Jeong, Tianyi Wang, Yuko Ohno, “Measurement of Respiration Rate and Depth through Difference in Temperature between Skin Surface and Nostril by Using Thermal Image”, IMETI2017. (SS7002).
  2. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Soichiro Watanabe, Yuko Ohno, “Noninvasive Measurement for Human Hand Behavior in Grasping Task with Prehensile Pressure Sensor”, IMETI2017. (SS7004).
  3. Soichiro Watanabe, Hieyong Jeong, Daisuke Furushima, Nao Sonoda, Tianyi Wang, Yuko Ohno, “Proposal of a Method for Formulating Warm-Up Exercises for Logistics Workers by Musculoskeletal simulation”, ICBEI2017(WF7001).
  4. Hieyong Jeong,Tianyi Wang,, Yuko Ohno, “Evaluation of nursing care robot through relative phase”, 37th Asia-Pacific Nursing and Medicare Summity. (DOI: 10.4172/2573-0347-C1-009).(Best Poster Award).
  5. Hieyong Jeong,Tianyi Wang, Yuko Ohno, "Measurement of Respiration Rate and Depth Through Difference in Temperature between Skin Surface and Nostril by Using Thermal Imagey", The 16th World Congress on Medical and Health Informatics (Medinfo 2017).
  6. Hieyong Jeong, "Care Technology for Prevention and Recovery", Workshop in EMBC2017 (2017).

国内学会

  1. Hieyong Jeong, Akiho Mihara, Noriko Kido, Hiroko Nagao, Chigusa Hongo, Tetsu Hoshida, Yuko Ohno "サー・EcOラフィによる意思表現が不自由な患者・障害者における情緒変化の把握:「ゆめ水族園」体験時の情緒評価", 第37回医療情報学連合大会,2017年11月20日〜23日,大阪国際会議場,22日13:30-14:50_ポスター9(医療データ解析・評価).
  2. Hieyong Jeong,Yuko Ohno, "Measurement of Respiration and Heartbeat for Bed Care by using Large-Scale Pressure Sensor Sheet", LIFE2017(第33回ライフサポート学会大会 第1・V回日本生活支援工学会 日本機械学会福祉工学シンポジウム2017),2017年9月15日〜17日,お茶の水女子大学,演題番号:OS5-4.
  3. Tianyi Wang,Hieyong Jeong, Toshikatsu Funayama, Michiko Kido, Kazuo Kawasaki, Yuko Ohno "Measurement for Pressure Distribution during Handgrip through Flexible Pressure Sensor Sheet", LIFE2017(第33回ライフサポート学会大会 第17回日本生活支援工学会 日本機械学会福祉工学シンポジウム2017),2017年9月15日〜17日,お茶の水女子大学,演題番号:OS5-2.

2016年

学術論文

  1. Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Michiko Kido, Shima Okada, Taishin Nomura, Yuko Ohno, "Analysis of Difference in Center-of-Pressure Positions Between Experts and Novices During Asymmetric Lifting", IEEE Journal of Translational Engineering in Health and Medicine, vol. 4, 2016-8.
  2. Hieyong Jeong, Kayo Yoshimoto, Tianyi Wang, Takafumi Ohno, Kenji Yamada, Michiko Kido, Yuko Ohno, "Continuous non-invasive blood pressure during continuous repositioning by pulse transit time", Cogent Engineering, vol. 3, no 1, 2016-8.

国際会議

  1. Kenji Yamada, Tatsuro Endo, Hideto Imai, Michiko Kido, Hieyong JEONG, Yuko Ohno, "Effectiveness of surface enhanced Raman spectroscopy of tear fluid with soft substrate for point-of-care therapeutic drug monitoring," SPIE Photonics West BIOS, San Francisco, USA, 2016-2.
  2. Hieyong Jeong, Michiko Kido, Yuko Ohno, "Linear Discriminant Analysis for Symmetric Lifting Recognition of Skilled Logistic Experts by Center of Pressure Trajectory", The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2016-3.
  3. Tianyi Wang, Hieyong Jeong, Takafumi Ohno, Michiko Kido, Kenji Yamada, Yuko Ohno, “Fault Classification with Discriminant Analysis during Sit-to-Stand Movement assisted by Nursing Care Robot”, International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016, 2016-10.

国内学会

  1. 松裏豊,王天一,今井秀人,渡辺宗一郎,大野宇史,丁憙勇,大野ゆう子,"非接触手法における睡眠モニタリングの検討",医療情報学会・人工知能学会AIM合同研究会, 2017年3月.
  2. 王天一,丁憙勇,大野宇史,松裏豊,今井秀人,大野ゆう子, "Study on Application of Data Mining and Machine Learning for Service Robot for Sit-to-Stand Performance",医療情報学会・人工知能学会AIM合同研究会,2017年3月.
  3. 松裏豊,大野ゆう子,木戸倫子,丁憙勇,山田憲嗣,"Depthカメラを用いた睡眠時呼吸状態のモニタリング評価に対する基礎的研究",第55回日本生体医工学会大会, 2016年4月.
  4. 渡辺宗一郎,丁憙勇,鳥飼一男,林雅信,山田憲嗣,大野ゆう子,"線形判別分析法(LDA)による重量物持ち上げ姿勢の異常検知システムに関する検討",ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2016年6月.
  5. 王天一,丁憙勇,大野宇史,渡辺宗一郎,木戸倫子,山田憲嗣,大野ゆう子, "自立支援ロボットを用いた起立動作の考察",ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2016年6月.

2015年

著書

  1. 山田憲嗣(分担翻訳),スタンフォード大学 BIODESIGN,薬事日報社, 2015年10月10日.

解説・総説

  1. 山田憲嗣,武田真季,大野ゆう子. "看護工学入門",金属,vol. 85, no. 121,pp.26(1026)-34(1034),2015年12月1日.
  2. 山田憲嗣. "介護ロボットの現状と課題",日本老年医学会雑誌,vol. 52, no. 4,pp. 322-327,2015年10月25日.

学術論文

  1. 横山萌恵,西村隆宏,山田憲嗣,丁憙勇,木戸倫子,櫻井芳昭,大野ゆう子, "ポイントオブケア治療薬物モニタリングに向けた紙製基・ツを用いた涙液ラマン分光の可能性",看護理工学会誌,vol. 1, no. 2, pp.25-31, 2015年1月.
  2. Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi, Kenji Yamada, Shigeto Yoshida, "A Method of Wavelength Selection of Multispectral Image for the Separation of Tumor Region", Advances in Intelligent Systems and Computing, vol. 387, pp. 199-208, 2015年8月.
  3. Yoko Kominami, Shigeto Yoshida,corresponding author Shinji Tanaka, Rie Miyaki., Yoji Sanomura, Min-Woong Seo., Keiichiro Kagawa, Shoji Kawahito, Hidenobu Arimoto, Kenji Yamada, Kazuaki Chayama, "Evaluation of dual-wavelength excitation autofluorescence imaging of colorectal tumours with a high-sensitivity CMOS imager: a cross-sectional study",BMC Gastroenterol,vol. 15, no. 10, 2015年9月.

国際会議

  1. Moe Yokoyama, Kenji Yamada, Takahiro Nishimura, Michiko Kido, Hieyong Jeong, Yuko Ohno , "Raman spectroscopy of tear fluid with paper substrate for Point-of-care therapeutic drug monitoring", SPIE Photonics West 2015, San Francisco, USA, 2015-2.
  2. Tomomi Maruyama, Yasuhiro Kabetani, Michiko Kido, Kenji Yamada, Hirotoshi Oikaze, Yohei Takechi, Tomotaka Furuta, Shoichi Ishii, Haruna Katayama, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, “A study on the quantitative evaluation of skin barrier function”, SPIE Photonics West 2015, San Francisco, USA, 2015-2.
  3. Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Kenji Watabe, Michiko Kido, Toshiaki Nagakura, Hideya Takahashi, Tsutomu Nishida, Hideki Iijima, Masahiko Tsujii, Tetsuo Takehara, Yuko Ohno , "Gastrointestinal tract volume measurement method using a compound eye type endoscope", SPIE Photonics West 2015, San Francisco, USA, 2015-2.
  4. Hirofumi Yabu, Yusuke Takeuchi, Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi, Kenji Yamada, "360-degree three-dimensional flat panel display using holographic optical elements", IS&T/SPIE Electronic Imaging 2015, San Francisco, USA, 2015-2.
  5. Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Soichiro Watanabe, Moe Yokoyama, Michiko Kido, Taishin Nomura, and Yuko Ohno, "Estimation of Compressive and Shear Forces on Lumbar Spine during Lifting by Wii Balance Board," Proc. of the 2015 IUPESM World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Tronto, Canada, 2015-6.
  6. Kenji Yamada, Moe Yokoyama, Takahiro Nishimura, "Paper-based surfaced enhanced Raman spectroscopy for drug level testing with tear fluid," European Conferences on Biomedical Optics 2015, Munich, Germany, 2015-6.
  7. Toshiaki Nagakura.,Kouya Watanabe, Kazuo Matsushita, Kenji Yamada, Michiko Kido, Atsue Ishii, Yuko Ohno, "The Study for Continuous Measurement System by Electrical Impedance in Body",The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Milano, Italy, 2015-8.
  8. Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Michiko Kido, Taishin Nomura, Yuko Ohno, "Analysis of Center of Pressure during Symmetric Lifting,"The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Milano, Italy, 2015-8.
  9. Kenji Yamada, Moe Yokoyama, Michiko Kido, Hieyong Jeong, Yuko Ohno, "Development of Simple Measurement Kit for Therapeutic Drug Level Testing by Paper-Based Surfaced Enhanced Raman Spectroscopy,"The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Milano, Italy, 2015-8.
  10. Hieyong Jeong, Kenji Yamada, Soichiro Watanabe, Michiko Kido, Taishin Nomura, Yuko Ohno, "Analysis of Center of Pressure Location during Asymmetric Lifting," The 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), Hongkong, 2015-10.

国内学会

  1. 渡辺・宗一郎・鳥飼一男,林雅信,丁憙勇,清水咲希・C木戸倫子,野村泰伸,三善英知,山田憲嗣,大野ゆう子, "重量物持ち上げ時の1自由度モデルによる腰部姿勢評価",動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2015,OS1 産業応用,2015年3月.
  2. 丁憙勇,渡辺宗一郎,木戸倫子・八木雅和,野村泰伸,山田憲嗣,大野ゆう子, "圧力中心測定による持ち上げ姿勢評価方法の有効性",第54回日本生体医工学会大会,2015年5月.
  3. 丁憙勇, 山田憲嗣, 木戸倫子, 渡辺宗一郎, 野村泰伸, 大野ゆう子, "圧力中心による回転ハンドリング動作の分析," L I F E 2015, 2015年9月.
  4. 渡辺宗一郎, 丁憙勇, 南麻裕美, 大野宇史, 山田憲嗣, 鳥飼一男, 林雅信, 大野ゆう子, "静的シミュレ・[ションによる看護師向け準備体操の構築," 第3回看護理工学会学術集会, 2015年10月.
  5. 木戸倫子,大野ゆう子, 河野愛弓, 丁憙勇, 山田憲嗣, 長倉俊明, "薬物療法に関するガイドラインと服薬支援の必要性から検討・キる療養分類,"第16回 日本早期認知症学会学術大会, 2015年10月.
  6. 河野愛弓,大野ゆう子, 木戸倫子, 笠原聡子, 大石雅子, 丁憙勇, 山田憲嗣, "早期認知症高齢者に対する服薬管理・支援製品に求められる機能についての検討,"第16回 日本早期認知症学会学術大会, 2015年10月.
  7. 清水咲希, 山田憲嗣, 遠藤達郎, , 横山萌恵, 丁憙勇, 木戸倫子, 三善英知, 大野ゆう子, "涙液の・宴}ン分光に基づく薬物濃度モニタリング,"第3回看護・搓H学会学術集会, 2015年10月.
  8. 今井秀人, 森田陽大, 浅井正, 窪克彦, 安藤嘉子, 木戸倫子, 丁 憙勇, 大野ゆう子, 山田憲嗣, "RFIDを利用した小型排泄センサーの研究,"第3回看護理工学会学術大会, 2015年10月.
  9. 丁 憙勇, 山田 憲嗣, 木戸 倫子, 大野 ゆう子, "床反力計測による腰痛予防の挑戦," 第58回自動制御連合講演会, 2015年11月.

講演会

  1. 山田憲嗣, "ヘルスソフトウェア活用セミナー導入編, ヘルスソフトウェアのリスク分析", 大阪, 2015年3・・6日.
  2. 山田憲嗣, "看護・介護支援機器開発への誘い", 2015年度第2回REC BIZ-NET研究会「医療周辺分野のものづくり」, ・椏s, 2015年5月26日.
  3. 山田憲嗣, "次世代スマートウェルネスに必要なものづくり”, ,組込みシステ・産業・U興機構 第6回総会 記念講演, 大阪,2015年6月9日.
  4. 山田憲嗣, "ヘルスソフトウェア最前線-ヘルスソフトウェア産業への新規参入に向けて-", 第6回医療機器 開発・製造展 MEDIX, 東・・ 2015年6月25日.
  5. 山田憲嗣, "ヘルスソフトウェア産業への新規・Q入にむけて”, 第2回次世代医療システム産業化フォーラム2015, 大阪,2015年6月30日.
  6. 山田憲嗣, "ヘルスソフトウェア開発への新規参入の誘い”, ナレッジキャピタル木曜サロン, 大阪,2015年7月20日.
  7. 山田憲嗣, "ヘルスソフトウェアの法規制と規制対象の考え方”, " 平成27年度第10回情報数理学セミナー, 大阪,2015年7月30日.
  8. 山田憲嗣, "看護理工学会と医・テ産業および周辺産業", 第3回看護理工・w・・w術集会, 京都, 2015年10月11日.
  9. 山田憲嗣, "Recent robotics for aging society", RENKEI Interdisciplinary workshop, Osaka, 2015年10月25日.
  10. 山田憲嗣, "看工連携による新事業創出", 看工連携によるもの・テくりプロジェクト創出ネットワーク, 三重,2015年10月30日.
  11. 山田憲嗣, 平成27年度 滋賀医科大学大学院 FD研修会, 滋賀,2015年11月19日.
  12. 山田憲嗣, "共同研究講座・共同研究制度10年の成果と今後への期待・予測," ・・回大阪大学共同研究講座シンポジウム〜共同研究講座制度10年の歩みと今後の展開〜, 大阪,2015年12月2・・E
  13. 山田憲嗣, "看護工学とロボティクスの最先端と・Y学連携による研究戦略," 光産業創・ャ大学院大学 特別講義, 静岡,2016年1月6日.
  14. 山田憲嗣, "医療系ロボティクス最新情報," 第4回「ライフサイエンスビジネスMOT」講座〜入門 ライフサイエンスから起業まで〜, 大阪,2016年1月16日.
  15.      

2014年

解説・総説

  1. 山田憲嗣, 吉本佳世, "TOMBOデバイスの医療応用",Medical&Imaging,no.1,pp.22-25,2014年5月.

学術論文

  1. 山下和彦,楠田佳緒,鈴木孝樹,山本愛子,丸山恵,松原要一,渡辺利光,佐藤俊彦,太田裕治,山田憲嗣,大野ゆう子,大久保憲, "超音波タグを用いた手術部の医療従事者の行動分析の基礎的解析",医療機器学,vol. 84, no. 3, pp.325-334, 2014年.
  2. Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Kenji Watabe, Maki Takeda, Takahiro Nishimura, Michiko Kido, Toshiaki Nagakura, Hideya Takahashi, Tsutomu Nishida, Hideki Iijima, Masahiko Tsujii, Tetsuo Takehara, Yuko Ohno, "Gastric Contraction Imaging System Using a 3-D Endoscope", IEEE Journal of Translational Engineering in Health and Medicine, vol.2, no.1, pp.1-8, 2014.
  3. Yuma Kitanouma, Hideya Takahashi, Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, "Silicone rubber membrane tactile sensor for endoscope based on image processing", ICIC Express Letters PartB: Applications, vol.5, no.1, 2014-2.
  4. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida, "Biomolecule-to-fluorescent-color encoder: modulation of fluorescence emission via DNA structural changes", Biomedical Optics Express 5, pp.2082-2090, 2014.

国際会議

  1. Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Kenji Watabe, Maki Takeda, Takahiro Nishimura, Michiko Kido, Toshiaki Nagakura, Hideya Takahashi, Tsutomu Nishida, Hideki Iijima, Masahiko Tsujii, Tetsuo Takehara, Yuko Ohno, "Evaluation of the three-dimensional endoscope system for assessing the gastrointestinal motility", SPIE Photonics West 2014, 8935-52, San Francisco, CA, USA, 2014-2.
  2. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida, "Amplification and modulation of fluorescent signals by using hybridization chain reactions for multiplexed sensing of biomolecules in a one-pot", SPIE Photonics West 2014, 8954-24, San Francisco, CA, USA, 2014-2.
  3. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida, "Feasibility Study of Multiplex Biomolecular Detection based on Biomolecule-to-fluorescence-color Encode", The 1st Biomedical Imaging and Sensing Conference, 2014-4
  4. Moe Yokoyama, Takahiro Nishimura, Kenji Yamada, Michiko Kido, Yoshiaki Sakurai, Daiki Mita, Yoshinori Yamaguchi, Eiichi Tamiya, Toshiaki Nagakura, Yuko Ohno, "Paper-based Raman spectroscopy for on-site therapeutic drug monitoring", 2014 World Autmation Congress, Hawaii, USA, 2014-8.
  5. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida, "Fluorescence amplification based on DNA structural changes for enzyme-free detection of microRNA", 2014 World Autmation Congress, Hawaii, USA, 2014-8.
  6. Hieyong Jeong, Kenji Yamada, "Enhancing Effect of Tangential Vibration on Human Vibrotactile Sensitivity", 2014 World Autmation Congress, Hawaii, USA, 2014-8.
  7. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida, "Photonic DNA Processors for Optical Communication Between Nano and Macro World", 2014 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 2014-9.
  8. Hieyong Jeong, Saki Shimizu, Soichiro Watanabe, Kazuo Torigai, Masanobu Hayashi, Michiko Kid, Taishin Nomura, Eiji Miyoshi, Kenji Yamada, Yuko Ohno, " Experimental Evaluation of Human Postural Balance through Lifting Loads", IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2014), San Diego, CA, USA, 2014-10.
  9. Hieyong Jeong, Mari Hayashi, Masaki Sekine, Toshiyo Tamura, Michiko Kido, Kenji Yamada, Yuko Ohno, "A Study on Estimating Blood Pressure during Body Postural Change based on Pulse Transit Time", IEEE EMBS Special Topic Conference on Healthcare Innovation & Point-of-Care Technologies (HIC-POCT 2014), Seattle, WA, USA, 2014-10.
  10. Moe Yokoyama, Takahiro Nishimura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, "Paper-based Raman spectroscopy for on-site therapeutic drug monitoring", IEEE EMBS Special Topic Conference on Healthcare Innovation & Point-of-Care Technologies (HIC-POCT 2014), Seattle, WA, USA, 2014-10.
  11. Hieyong Jeong, Soichiro Watanabe, Kenji Yamada, Kiyoshi Yoshida, Michiko Kido, Yuuko Ohno , "Forward Kinematic Solution through Geometry Analysis for Rehabilitation Cable Robot", The 2014 Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON 2014), Fukuoka, Japan, 2014-11.
  12. Hieyong Jeong, Soichiro Watanabe, Kenji Yamada, Kiyoshi Yoshida, Michiko Kido, Yuuko Ohno , "Optimization of Workspace through Perturbation Analysis of Rehabilitation Cable Robot", The 2014 Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON 2014), Fukuoka, Japan, 2014-11.
  13. Soichiro Watanabe, Kazuo Torigai, Masanobu Hayashi, Hieyong Jeong, Saki Shimizu, Michiko Kido, Taishin Nomura, Eiji Miyoshi, Kenji Yamada, Yuuko Ohno, "A difference of Human Posture between Beginner and Expert during Lifting a Heavy load", The 2014 Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON 2014), Fukuoka, Japan, 2014-11.
  14. Saki Shimizu, Hieyong Jeong, Soichiro Watanabe, Kazuo Torigai, Masanobu Hayashi, Michiko Kido, Taishin Nomura, Eiji Miyoshi, Kenji Yamada, Yuuko Ohno, "Effectiveness Evaluation of Human Posture Balance with Waist Support Tool", The 2014 Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON 2014), Fukuoka, Japan, 2014-11.

国内学会

  1. 笹森光子,武田真季,吉本佳世,山田・寰k,大野ゆう子,"病院内空間の適正配置に関する研究", 平成25年度 計測自動制御学会関西支部・システ・EEEE制御情報学会 若手研究発表会,D2-3,大阪,2014年1・・
  2. 横・R萌恵, 西村隆・G, 山田憲嗣, 大野ゆう子, "涙液中の薬物モニタリングに向けたラマン分光システム", 応用物理学会秋季学術講演会, 2014年9月.
  3. 丁憙勇, 清水咲希, 渡辺宗一郎, 鳥飼一男, 林雅信, 木戸倫子, 野村泰伸, 三善英知, 山田憲嗣, 大・・艪、子, "身体バランスの視点からみた腰部サポートフェアの効・Eハ", 生活生命支援医療工学系学会連合大会(LIFE2014), 北海道, 2014年9月.
  4. 渡辺宗一郎, 鳥飼一男, 林雅信, 清水咲希, 丁憙勇, 木・ヒ倫子, 野村泰伸, 三善英知, 山田憲嗣, 大野ゆう子, "重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討" 生活生・ス支援医療福祉工学系学会連合大会(LIFE2014), 北海道, 2014年9月.
  5. 丁憙勇, 渡辺宗一郎, 木戸倫子, 山田憲嗣, 大野ゆう・q, "リハビリケーブルロボットの順機構学問題", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014年10月.
  6. 渡辺宗一・Y, 丁・リ・E, 木戸倫子, 山田憲嗣, 大野ゆう子, "リハビリケーブルロボットのため特異値分析による作業領域", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014年10月.
  7. 西村隆宏, 山田憲嗣, 大野ゆう・q, "バイオマーカーの簡易検出に向けた蛍光増幅・カラー符号・サ法の開発", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014年10月.
  8. 横山萌恵, 山田憲嗣, 西村隆宏, 木戸倫子, 丁憙勇, 大野ゆう子, "涙液のラマン分光に基づくポイントオブケア治療薬物モニタリング", 第2回看・・搓H学会学術集会, 大阪, 2014年10月.
  9. 丸山知美, 大野ゆう子, 木戸倫子, 山田憲嗣, "皮膚の浸軟による角質層・フ変化の定量的・]価", ・・回看護理工学会学術集会, 大・・ 2014年10月.
  10. 西・コ美樹, 大野ゆう子, 木戸倫子, 山田憲嗣, 米田智子, 西本京子, 星田徹, "ビデオモニタリング及びシュミレーションに基づいた外来待合の混雑度評価", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014・N10月.
  11. 藤井誠, 大野ゆう子, 石原啓之, 辰巳友佳子, 董乙g, 劉暁輝, 木戸倫子, 山田憲嗣, "機能評価係数に向けたDPC病院の取り組みの方についての分析", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014・N10月.
  12. 三大寺正州, 佐藤薫, "調査研究に用いられる機器等の保護について", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014年10月.
  13. 石原啓之, 大野ゆう子, 木戸倫子, 薄雄斗, 王天一, ・噤Eリ勇, 山田憲嗣, "ベッドからの転落予測のための基礎的研研究, 第2回看護理工学会学術集・・ 大阪, 2014年10月.
  14. 清水咲希, 丁憙勇, 渡辺宗一郎, 鳥飼一男, 林雅信, 木戸倫子, 野村泰伸, 三善英知, 山田憲嗣, 大野ゆう子, "身体バランスの・挙_からみた腰部サポー・gウェア有効性の検証", 第2回看護理工学会学術集会, 大阪, 2014年10月.

講演・・/h4>
  1. 山田憲嗣, 第9回 三大学・纃H薬連環・ネ学教育研究機構シンポジウム, "看工連携の現状と今後", 大阪, 2014年1月23日.
  2. 山田憲嗣, 「鴻池運輸梶vとの共同研究講座開設記念講演会にて, "看護と物流現場・ノおける課題解決技術", 大阪, 2014年2・・
  3. 山田・寰k, 中嶋徳士, 産技研セミナー, "ロボティクス&デザインによる看工融合の最前線" ,大阪, 2014年7月15日.
  4. 山田憲嗣, 光とレーザーの科学技術フェアー光技術で飛躍する日本へー, "TOMBOデバイスの医療応用" ,科学技術館(東京 北の丸公園内), 2014年11月.
 

2013年

・・・/h4>
  1. 山田憲嗣・i分担執筆), 5 ロボット工学との融合,予防とつきあい方シリーズ [改訂版]老年病・認知症〜長寿の秘訣〜 老年病 4 新しい医療への期待,株式会社メディカルレビュー社, pp.237, 2013月6日

解説・総説

  1. 山田憲嗣,医療・看・・ェ野と工学技術,シ・Xテム/制御/情報,vol.57, no.1, pp.9-13, 2013月1日
  2. ・R田憲嗣,武田真季,大野ゆう子・C看工融合領域における・・ボットによる心地良さへの試み,月刊機能材料 2013年2月・・y特集】「心地良さ」を生み出す技術―感性重視型技術の最前線―,pp.43-47, 2013月2日

学術論文

  1. 安藤健, 廣瀬俊典, 藤岡総一朗, 水野修, 山田憲嗣, 大野ゆう子, 本田幸夫, ヘッドケアロボット使用が頭皮血流に与える短期的影響, 生体・纃H学, vol. 51, no. 2, pp.157-161, 2013年4月
  2. 木村洋介, 金子真, 山田憲嗣, 木内良明, Imin KAO, コンタクトレンズ装・・Eノよる眼・ウ計測ファントム現象の考察, 日本機械学会論文集(C編), vol. 79, no. 799, pp.459-466, 2013年3月
  3. 吉田靖, 山・c憲嗣, "人工心肺事故の現状と安全対策", 日本人工臓器学会 人工臓器, vol. 42, no. 3, pp.228-231, 2013年

国際会議

  1. Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Nagisa Sasaki, Maki Takeda, Sachiko Shimizu, Toshiaki Nagakura, Hideya Takahashi, Yuko Ohno, Evaluation of a compound eye type tactile endoscope, SPIE Photonics West 2013, 8575-33, San Francisco, California, USA, Feb., 2013
  2. Yoshiaki Oshima, Hideya Takahashi, Kenji Yamada, Wide viewing angle three-dimensional display using curved HOE lens array, Stereoscopic Displays and Applications XXIV, 8648, San Francisco, California, USA, March, 2013
  3. Takeshi Ando, Maki Takeda, Tomomi Maruyama, Yuto Susuki, Toshinori Hirose, Soichiro Fujioka, Osamu Mizuno, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Yukio Honda, Biosignal-Based Relaxation Evaluation of Head-Care Robot, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, SaE21.2, pp.6732-6735, Osaka, Japan, July, 2013
  4. Keiishiro Kagawa, Bo Zhang, Min-Woong Seo, Shoji Kawahito, Yoko Kominami, Kenji Yamada, Shigeto Yoshida, Shinji Tanaka, Dual-Band Multi-Aperture Enhanced Redox Imaging of Colonic Adenomas for Endoscopes with a High-Performance CMOS Imager, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, ThC06.1, pp.1414-1417, Osaka, Japan, July, 2013
  5. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Hirotsugu Yamamoto, Jun Tanida, Photonic DNA Proces- sors with Fluorescence Resonance Energy Transfer-Based Signaling, CLEO-PR&OECC/PS 2013, WJ4-5, Kyoto, Japan, July, 2013
  6. Yuma Kitanouma, Hideya Takahashi, Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Silicone rubber membrane tactile sensor for endoscope based on image processing, 8th International Conference on Innovative Computing, Information and Control, SS09-03 CD-ROM, Kumamoto, Japan, Sep.,2013
  7. Takahiro Nishimura, Yusuke Ogura, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Jun Tanida Amplification and encoding of biomolecular signals with designed reactions of DNA, Biomedical Engineering International Conference 2013, D1R3AE, Krabi, Thailand, Oct., 2013
  8. Moe Yokoyama, Takahiro Nishimura, Yoshiaki Sakurai, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Proposal of estimation method for drug concentration in blood by Raman spectroscopy of tear fluids, Biomedical Engineering International Conference 2013, D2R2AL, Krabi, Thailand, Oct., 2013

国内学会

  1. 安藤健・C廣瀬俊典,藤岡総一郎,水野修,武田真季,丸山知美,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,官能評価と生理学評価を取り入れたヘッドケア・鴻{・bトの・J発.第23回バイオメカニズムシンポジウム,京都,2013年7月
  2. 安藤健,廣瀬俊典,藤岡・香E齪Y,水野・C,・嵩c・^・G,丸山知美,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,5節リンク機構により洗浄性を向上したヘッドケアロボットの開発.第31回日本ロボット学会 学術講演会,3C2-03,東京,2013年9月
  3. ・シ村隆宏,小倉裕介,山田憲嗣,大野・艪、・q,谷田 純・C蛍光カ・堰[符号化による簡易分子スクリーニング技術の検討.生活生命支援医療福祉工学系連合大会(LIFE2013),OS2-2-5,山梨,2013年9月
  4. 山下和彦,安在絵美,中嶋香奈子,山田憲嗣,大野ゆう子,太田裕治,子どもの成長過程における・ォ部・足爪の変形と身体機能計測.第1回看・・搓H学会学術集会,P-11,東京・C2013年10月
  5. 西村隆宏,山田憲司,・蛛E・艪、子,One-potでの多数生体分子の同時検出に・・ッた蛍光カラー符号化の検討.第1回看護理・H学会学術集会,P-14,東京,2013年10・・/li>
  6. 薄雄斗,大野ゆう子,安藤健,木戸倫子,西村隆宏,山田憲嗣,工学教育について-・タ践三年間の経緯-.第1回看護理工学会学術集会,P-18,東京,2013年10月
  7. 林真利・C吉本佳世,西村隆宏,木戸倫子,山田憲嗣,大野ゆう子,胸鎖関節と耳介での脈波伝播時間を用いた非侵襲血圧推・閧フ提案.第1回看護理工学会学術集会,P-31,東京,2013年10・・/li>
  8. 横山萌恵,西村隆宏,櫻井芳昭,山田憲嗣,大野ゆ・、子,ラマン分光に基づく涙液中薬物濃度測定による処方薬服用確認手法の検討.第1回看護理工学会学術集会・ECO1-8,東京,2013年10月

講演会

  1. 山田憲嗣 信州オプト講演会2013 「看護理工学にみる産業創出の可能性」〜光技術の活用と共に〜 2013年2月,長野
  2. 山田憲嗣 平成24年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創・o調査研究事業 「医療機器・サービスの海外への・W・J〜大阪大学の取り組み〜」フィージ・rリティスタディ報告 2013年2月,大阪
  3. 山田憲嗣 大阪の医療提供体制改革プランシンポジウム 「未来の医療をつくる」 大阪の先端医療について〔パート2〕 2013年6月20日,大阪

研究会

  1. 吉本佳世 日本生体医工学会専門別研究会 平成25年度次世代内視鏡技術研究会・未来のバイオメディカルデザイン研究会・東日本大震災に対す・・復興支援研究会 「複眼を利用し・ス次世代内視鏡の開発」 2013年11月,広島工業大学

・Zミナー

  1. 山田憲嗣 第2回介護現場課題解決研究会 看護工学分野における最新の医工連携研究動向の紹介 新産業創造推進室 2013年3月5日,大阪
  2. 山田憲嗣 平成25年度第6回科学交流合宿研修会-サイエンス・コ・宴{レーションin武庫川- 看護・ニ工学・フ融合に挑戦する〜簡単な生体計測機器を作ってみよう〜 大阪大学 2013年7月22日,大阪
  3. 山田憲嗣 平成25年度社会教育プログラム(地域活性化システム論) 看工融合による地域・・ォ 大阪大学中之島センター 2013年8月22日,大阪
  4. 山田憲嗣 平成25年度帝塚山・w院泉ヶ丘中学校 中3職業体験・@大阪大学医学部附・ョ病院 2013年11月7日,大阪
 

報道

  1. パナソニック,大阪・蜉w保健・w科 「洗髪ロボ、介助負担軽く」 日経産業新聞 2013年3月14日付
  2. ロボティクス&デザイン看工融合(パナソニック)共同研究講・タ 「ますます加速する阪大のロボット研究 ヘッドケアロボット」 阪大NOW No.137 2013年7月号

受賞

  1. 西村隆宏,小倉裕介,山田憲嗣,大野ゆう子,・J田 純,蛍光カラー符号化による簡易分子スクリーニング技術の検討.生活生命支援医療福祉工学系連合大会(LIFE2013),若手プレゼンテーション賞,山梨,2013年9月

2012年

学術論文

  1. 安藤健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,電動ベッドに後付け可能な起立・x援機器の提案,日本機械学会・_・カ集C編, vol. 78, no. 785, pp.151-162, 2012.1
  2. 香川景一郎,山田憲嗣,田中映治,谷田純,被写界深度拡張機能をもつ多機能複眼立体内視鏡システム,電気学会論文誌 C(電子・情報・システム部門誌), vol. 132, no. 1, pp.120-130, 2012.1
  3. 山下和彦,中嶋香奈子,安在絵美,楠田佳緒,岩上優美,山田憲嗣,佐藤満,中島佐和子,太田裕治,井野秀一,伊福部達,子どもの下肢筋力の定量的評価のための下肢筋力測器の開発,生体医工学, vol. 50, no. 1, pp.1-11, 2012.2
  4. Yoshiaki Kiuchi, Makoto Kaneko, Hideki Mochizuki, Joji Takenaka, Kenji Yamada and Junko Tanaka, Corneal displacement during tonometry with a noncontact tonometer, Japanese Journal of Ophthalmology, vol. 56, no. 3, pp.273-279, 2012.5
  5. Takeshi Ando, Noriyoshi Tanaka, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Drip Adjuster: Use of an LED Display to Manually Adjust Intravenous Fluid Infusion Rate, Journal of Robotics and Mechatronics, vol.24, no.3 pp.452-457, 2012.6
  6. Keiichiro Kagawa, Kenji Yamada, Eiji Tanaka, Jun Tanida, A three-dimensional multifunctional compound-eye endoscopic system with extended depth of field, Electronics and Communications in Japan, vol.95, Issue 11, pp.14-27, Nov., 2012.
  7. Maki Takeda, Takeshi Ando, Yuto Susuki, Tomoyuki Shindo, Kayo Yoshimoto, Toshinori Hirose, Soichiro Fujioka, Osamu Mizuno, Sachiko Shimizu, Atsue Ishii, Kenji Yamada, Yukio Honda, Yuko Ohno, The Cleaning Effect of Shampooing Care by Adenosine Triphosphate Bioluminescence System. Journal of Nursing & Care, S2:001, Nov., 2012.

国際会議

  1. Kenji Yamada, Hideya Takahashi, Toshiaki Nagakura, Ken Ishihara, Yuko Ohno, Study of tactile endoscope using silicone rubber membrane based on image processing, SPIE Photonics West 2012, 8217-27, San Francisco, California, USA, Jan., 2012
  2. Keiichiro Kagawa, Eiji Tanaka, Kenji Yamada, Shoji Kawahito, Jun Tanida, Deep-focus compound-eye camera with polarization filters for 3D endoscopes, SPIE Photonics West 2012, 8227-42, San Francisco, California, USA, Jan., 2012
  3. Maki Takeda, Kenji Yamada, Yuto Susuki, Kayo Yoshimoto, Nagisa Sasaki, Sachiko Shimizu, Atsue Ishii, Takeshi Ando, Tomoyuki Shindo, Toshinori Hirose, Soichiro Fujioka, Osamu Mizuno, Tohru Nakamura, Yukio Honda, Yuko Ohno, Examination of cleansing effect by shampooing care, World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, TH.19/05.2P-07, Beijing, China, May, 2012
  4. Kayo Yoshimoto, Kenji Yamada, Nagisa Sasaki, Maki Takeda, Sachiko Shimizu, and Yuko Ohno,COMPOUND-EYE TYPE TACTILE ENDOSCOPE,World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, TH.11/02.1-4, Beijing, China, May, 2012
  5. Kenji Yamada, Kayo Yoshimoto, Maki Takeda, Toshiaki Nagakura, Ken Ishihara, and Yuko Ohno,Development of tactile sensor using TOMBO, 2012 Optics+Photonics, 8498-23, San Diego, California, USA, Aug., 2012
  6. Keiichiro Kagawa, Rui Shogenji, Eiji Tanaka, Kenji Yamada, Shoji Kawahito, Jun Tanida, Variable Field-Of-View Visible and Near-Infrared Polarization Compound-Eye Endoscope, 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2012), ThE04.3, San Diego, California, USA, Aug., 2012

国・煌w会

  1. 石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,清水佐知子,山田憲嗣・C看護分野におけるツール開発について・D日本機械学会第24回バイオエンジニアリング部門講演会,8E33,大阪,2012年1月
  2. 坂田奈津美,安・。・秩EC藤谷順子,石川秀俊,藤本雅史,小池友和,・悶著a美,・エ水佐知子,・R田憲嗣,大野ゆう子,藤江正克,部分荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードバックシステム,日本機械学会第24回バイオエンジニアリング部門講演会,8E34,大阪,2012年1月
  3. 西村隆宏・C小倉裕介,山田憲嗣,山本裕紹,谷田純,蛍光共鳴エネルギー移動を利用した分・q入力・光出力論理回路の実装,第59回 応用物理学関係連合講演会 予稿集,16p-B10-1,東京,2012年3月
  4. 香川景一郎,生源寺類,川人祥二,山田憲嗣,谷田純,画角可変偏光複眼内視鏡の提案,第59回 応用物理学関係連合講演会 予稿集,16p-B10-10・C東京,2012年3月
  5. 川合真子,瀬戸山浩平,山田憲嗣,吉田成人,高橋秀也,道田智樹,平尾素弘,河原邦光,長倉俊明・Cカプセル内視鏡画像の病変部検出に関する基礎検討,第51回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,P1-05-10・C福岡,2012年5月
  6. 安藤健,進藤誠元,広瀬俊典,藤岡総一郎,水野修,中村徹,本田幸夫,武田真季,吉本佳世,薄雄斗,山田憲嗣,長倉俊明,石原謙,大野ゆう子,洗髪ロボットの洗浄性の評価,第51回生体医工学会大・・@プログラム・抄録集・COS2-03-2,福岡,2012年5月
  7. 伏井義・l・C山田憲・k,藤原光希,山本裕平,長倉俊明,池内真志,生田幸士,透過膜への溶質拡散と画像処理による拡散係数の評価方法に関する研究,第51回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,OS3-06-4,福岡,2012年5月
  8. 吉本佳世・C山田憲嗣,佐々木な・ャさ,武田真季,清水佐知子,大野ゆう子・C複眼型触覚内視鏡の検討,第51回生体医工・w会大・・E@プログラム・抄録集,O3-04-6,福・ェ,2012年5月
  9. 長倉俊明,伏井義人,山田憲嗣,大野ゆう子,病院の・L気の局在と臭気除去の研究,第51回生体医工・w会大会 プログラム・抄録集,O3-04-7,福岡,2012年5・・/li>
  10. 山下和彦,中嶋香奈子,安在・G美,岩上優美,山田憲嗣,佐藤満,太田裕治,井野秀一,伊福部達,幼児の下肢筋力計測による発達の定量的評価,第51回生体医工学会大会 プログラム・抄録・W,O3-05-4,福岡,2012年5月
  11. 武田真季,・R田憲嗣,薄雄斗,吉本佳世,佐々木・ネぎさ,清水佐知子,石・莓L恵,,大野・艪、子,洗髪による洗浄効果の検討,第51回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,O3-07-4,福岡・C2012年5月
  12. ・v・ロ敦聖・C長倉俊明,瀬戸山浩平,丸橋学,林拓世,川合真子,道田知・,平尾 素弘,高橋秀也,山田憲嗣,河・エ邦光,上部消・サ管の自動診断の検討,生体医工学シンポジウム2012,4-2-02,大阪,2012年9月
  13. 丸山知美,武田真季,吉本佳世,佐々木なぎさ,薄雄斗,安藤健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,洗髪時における看護師・介・・メ・フ腰への負担・ノつ・「ての評価,生体医工学シンポジウム2012,4-5-01,大阪,2012年9月
  14. Kayo Yoshimoto, Maki Takeda, Nagisa Sasaki, Sachiko Shimizu, Kenji Yamada, Yuko Ohno, Monitoring patient in privacy space, The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering (BPES2012), 2A1-04, Sapporo, 2012.9
  15. Yuto Susuki, Yuko Ohno, Sachiko Shimizu, Takeshi Ando, Kenji Yamada, What and How do the students in the nursing course learn relating to the biological & physiological engineering, The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering (BPES2012). 3A1-01, Sapporo, 2012.9

講演会

  1. 山田憲嗣 平成23年度日本光学・・ヨ西講演会 ・棊p光・w懇談会第143回講演会 「複眼光学系を利用した次世代肉眼内視鏡」 2012年1月,大阪
  2. 山田憲嗣 信州オプト講演会2012 「医・看・工融合分野の開拓と光学」 2012年2月,長野
  3. 山田憲嗣 平成24年度国公私立・蜉w附属病院医療安全セミナー 「International Forum on Quality & Safety in Healthcare 2011 Amsterdam, Remote Participation Program」 2012年6月,大阪
  4. 山田・寰k・@平成24年度・・7回生体・E生理工学シンポジウム 市民セミナー 「安心した暮らしを支える看護工学・v 2012・N9月,・Ek海道
  5. 山田憲嗣 平成24年度第2回OSTEC光情報技術研究会 「医看工融合による医療および医療周辺サービス」 2012年10月,大阪
  6. 山田憲嗣 「看護工学の考え方」 2012年10月,・蜊・/li>
  7. 丸山知美,武田真季,吉本佳世,佐々木なぎさ,薄雄斗,安藤健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子 医療情報学会関西支部 第3回Meet the Experts 「洗髪ケアに関する研究」 2012年12月,大阪

報道

  1. 安藤健,山田憲嗣,大野ゆう子 阪大、狭い空間でも設置可能な起立支援ロ・{ット・開・ュ−ベッド下に駆動部収納 日刊工業・V聞 朝日新聞2012年3月
  2. 大野ゆう子 山田憲嗣 ミウラ・阪大、翻訳ソフト・J発 問診外国人も安心 産経新聞 中国新聞 読売新聞2012年10月

研究会

  1. 山田憲嗣 平成24年度計測・ゥ動制御学会中国支部会議および特別講演会 医・H・看・H・Z合研究〜計測の視点から・`2012年1月19日 広島
  2. 山田憲嗣 平成24年度第2回医・看・工ワークショップ 看工融合におけるシステム、製品の考え方 2012年1月12日 大阪
  3. 山田憲嗣 平成24年度第3回医・看・工ワークショップ 看工融合における施設、設備の考え方 2012年3月8日 大阪
ページトップへ

2011年

学術・_文

  1. K. Yamada,H. Takahashi, EVALUATION OF THREE-DIMENSIONAL ENDOSCOPE USING COMPOUND EYE OPTICAL SYSTEM WITH MULTI-WAVELENGTH BAND-PASS FILTER, International Journal of Innovative Computing, Information and Control,vol.7, no.8, pp.4691-4701, 2011
  2. 五所卓巳,山田憲嗣,東森充,金子真,竹中丈二,木内良明,戸田良太郎,西田幸二,空気噴流印加時の曲率に着目した角膜剛性のエイジング評価,生体医工学, vol.49, no.3, pp.469-475, 2011

著書

  1. Sachiko Shimizu, Rie Tomizawa, Maya Iwasa, Satoko Kasahara, Tamami Suzuki, Fumiko Wako, Ichiroh Kanaya, Kazuo Kawasaki, Atsue Ishii, Kenji Yamada Yuko Ohno,Nursing business modeling with UML,Modern Approaches To Quality Control・CAhmed Badr Eldin(Ed.)

解説・総説

  1. 山・c憲嗣,医・工・看護連携の重要性,病院設備,vol.53,no,3,pp.19-21,2011
  2. 山田憲嗣,特集 ちょっと気になる光学系2011 複眼光学系を利用したカプセル型内視鏡の可能性,O plus E,2011年5月号,483-486,2011
  3. 山田憲・k,複眼光学系を用いた立体内視鏡システム,・学,vol.40,no.10,pp.534-538,2011
  4. 山田憲嗣,・嵩c真季,佐・X・リなぎ・ウ,田中範佳,堅山遥菜,清水佐知子,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子・C看護学生による看護工学の実例,第50回日本生体医工学会大会生体医工学(日本生体医工学会誌)第49巻特別号(プログラム・抄録集)日本生体医工学学会,vol.49,no.1,p.73,2011
  5. 谷田 純,山田・寰k,香川景一郎,特集 イメージセンサのバイオ医療応・p最前線 複眼撮像システムTOMBOの医療応用,OPTRONICS,2011年10月号,pp.1-4,2011

国際会議

  1. T. Nagakura, H. Makisaka, K. Setoyama, M. Kawai, T. Michida, M. Hirao, K. Kawahara, K. Yamada, S. Yoshida, The development for diagnosis support method by color information of endoscope mucosa tissue images, The Second AMA-IEEE Medical Technology Conference,2011,Oct.,Boston, MA, USA
  2. M. Takeda,N. Sasaki,K. Yoshimoto,T. Ando,S. Shimizu,K. Yamada,Y. Ohno, Detection of patient's sign of falls, The Second AMA-IEEE Medical Technology Conference,2011,Oct.,Boston, MA, USA
  3. K. Yoshimoto,M. Takeda,N. Sasaki,T. Ando,S. Shimizu,K. Yamada,Y. Ohno, Detection of abnormal event in toilet, The Second AMA-IEEE Medical Technology Conference,2011,Oct.,Boston, MA, USA

国内学会

  1. 松村隆史,武田真季,奥野弘嗣,山田憲嗣,大野ゆう子,八木・N也,網膜チップセンサーを用いた病院内人・ィモニタシステムの開発,MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)電子情報通信学・・Z術研究報告,vol.110,no.460,pp.141-145,2011
  2. ・sc祐樹,丸橋 学,瀬戸山浩平,牧坂 光,吉田成人,川合真子,・R田憲嗣,高橋秀也,平尾素宏, 河原邦光,道田知樹,長倉俊明,複眼光学系を内視鏡に応用するための研究,第50回日本生体医工学会抄録集,生体医工学,vol.49,no.1,p.116,2011
  3. 佐々木なぎさ,武田真季,山田憲嗣,清水佐知子,岡田千鶴,大野ゆう子・C長期療養型病院の外来配置換え前後における患者・病院スタッフの動線の変化に関する研究,・・0回日本生体・纃H学会抄録集,2011
  4. 瀬戸山浩,高田祐・,丸橋 ・w,牧坂 光,吉田成人,川合真子,山田憲嗣,高橋秀也・C平尾素宏,河原邦光,道田知樹,長倉俊明・C内・給セ・フ・a変輪郭抽・oとベクトル・鞫怏サの研究,・・0回日本生体・纃H学会抄録集,2011
  5. 長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原 謙,デザインによる医療の安全向上への検討(看護工学による医療支援),第50回日本生体医工学会大会,2011
  6. 長倉俊明,山田・寰k,大野ゆう子,生田幸士,石原 謙,医用・H・wと看護工学による産業振興への提案,第50回・本生体医工学会抄録集,2011
  7. 武田真季,山田憲嗣,佐藤浩美,吉川秀樹,清水佐知子・EEC大野ゆう子,長倉俊明,石原 謙,病院内の見守りシステム,第50回日本生体医工学会抄録集,2011
  8. 清水佐知子,冨澤理恵,林剣煌,東村昌代,飯沼正博,石井豊恵,山田憲嗣,大野ゆう子・C看護ケ・Aサプライチェインにおける看護師業務遂行に関する分析,第50回日本生体医工学会抄録集,2011
  9. 清水佐知子・C冨澤理・b,尾島裕子,大井慎太郎,井上・ラ子,田・・つ子,本杉ふじゑ,岡田千鶴,山田憲嗣,大野ゆう子,患者移送業務のオブジェクト指向モデリングと業務遂行時間に関する一考察,第50回日本生体医工学会抄録集,2011
  10. 佐々木・Eネぎさ,武田真季,安藤健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,岡田千鶴,北垣和彦,高橋・「枝,本田幸夫・C病院外来配置換え前後の動線分析・告―病院スタッフの動線分析報告―,ITヘルスケア学会 第5回年次学術大会抄録集,vol.6, no.1, pp.43-46,2011
  11. 吉本佳世,大野ゆう子,辰巳友佳子・C武田真季,伏井義人,片山和子,堅山遥菜,安藤 健,清・・イ知子,山田憲嗣,内田光也,着衣型ホメオスタシス支援素材の・EJ発―寝衣が睡眠に及ぼす影響につい・ト―,ITヘルスケア学会 第5回年次学術大会抄録集,vol.6, no.1, pp.115-116,2011
  12. 伏井義・l,・R・c憲嗣,大野ゆう子,安藤 健,清水佐知子,江田英雄,本田幸夫,長倉俊明,石原 謙,実験実習用人工心肺シミュレータの基礎的検討,生体医工学シンポジウ・2011抄録集,2011.
  13. 大野ゆう子・C山田憲嗣,清水佐知子,武田真季,佐々木なぎさ,本田幸夫,高橋里恵,笠原聡子,岡田千鶴,酒井文代,池川充洋,業務改善に向け・スタイムスタディのあり方の研究-看護スタッフ・ニ患者の双方の視点から-,病院設備,vol.53, no.6, 1-D 活動報告4,2011
  14. 武田真季,吉本佳世,佐々木なぎさ,安藤 健,・エ水佐知子,・R田・寰k, 大野・艪、子・C病院内・フプライバシー空・ヤにおける異常検知,第12回計・ェ自動制御学会システムイン・eグレーション部門講演会抄録集,2011
  15. Kenji Yamada,Maki Takeda, Contact points between nursing care and engineering, The 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering (BPES2011). 1B1-3, Kusatsu, pp.181-182, 2011.9

講演会

  1. 山田憲嗣 平成23年度 第2回信州オプト講演会 「光学がになう医・看・工連携 〜臨床現場からのニーズ・`」 2011年3月,長野
  2. 山田憲嗣 第12回日本医療情報学会看護学術大会 ランチョンセミナーT「工学・情報が拓く看護」 2011年7月,神戸
  3. 山田憲嗣 医療安全学各論「医療安全・ヨの工学的アプローチ」 2011年7月,大阪
  4. 山田憲嗣 平・ャ23年度 大阪医専 「ケアを中心とす・驤纓テ現場への最先端工学技術の導入とデバイ・Xの・J発」 〜医・看・工 融合研究分野の開拓〜 2011年8月,大阪
  5. 山田憲嗣 平・ャ23年度 第4回科学交流合宿研修会-サイエンス・コラボレーションin武庫川-「工学的アプローチで看護を・x援してみよう!〜看護工学の考え方〜」 2011年8月,大阪
  6. 山田憲嗣 平成23年度 メディカルデバイス開発連・ア講座 「看護工学」 2011年9月,・蜊・/li>
  7. 山田憲嗣 平成23年度 国際医療の質・安全学会2011遠隔地参加プログラム-より良い医療を、より安全に、より低コストで- 特別コメンテータ・[ 2011年11月,東京

報道

  1. Ohno Y,Yamada K・@Unsurpassed Pedigree in Translational Medicine OSAKA IN FOCUS Science 6-7,2011,February

研究会

  1. 山田憲嗣 日本生体医工学会専門別研究会 第1回次世代内視鏡技術研究会 「内視鏡技術に関する最近のトピックスと本年度の研究会予定」 2011年7月,静・ェ大学
  2. 山田憲嗣 日本生体医工学会専門別研究会 第2回次世代内視鏡技術研究会 「次世代内視鏡技術研究会・未来MEデザイン研究会 共催」 2011・N12月,愛媛大学
  3. 山田憲嗣 第1回医・看・工ワークシ・ップ“看工融合” 2011年12月,大阪大学

受賞

  1. 山田憲嗣 空気噴流印加・桙ノおける角膜・フ凹・舶マ形を考慮し・スダイナミックセンシング 財団法人油空圧機器技術振興財団 学術論文顕彰 2011年6月
  2. 佐々木・ネぎさ,武田真季,安藤 健,山・c憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,岡田千鶴,北垣和彦,高橋里枝,本田幸夫 病院外来配置換え前後の動線分析報告−病院スタッフの動線分析報告− ITヘルスケア学・・@第5回年次学術大会Young Investigator’s Award 2011年6月,大阪
  3. 香川景一郎,田中映治,山田憲嗣,谷田 純 深い被写界深度をもつ光・画像処理融合型複眼内視鏡システム ・棊p物理学会 分科会 日本光学会 光設計研究グループ 第14回光・ン計奨励賞 2011年11月
ペー・Wトップへ

2010年

学術論文

  1. 角川幸治,山田憲嗣,・O田博史,高柴正悟・CLAMP法用リアルタイムDNA検出装置の開発,電気学会論文誌 C(電子・情報・システム部門誌),Vol.130,No.5,pp.807-812,2010.5

著書

  1. Kenji yamada, Hideya Takahashi, Shigeto Yoshida, Toshiaki Nagakura, Three-Dimensional endoscope by compound optics, International centre of biocybernetics polish academy of sciences, 2010.6

解説・総説

  1. 山田憲嗣 生物に学ぶ複眼内視鏡,光技術コンタクト,vol.48, no.4, pp.26-29,2011.4

国際会議

  1. S. Shimizu, Y. Ohno, H. Noda, S. Nakamura, I. Kanaya, K. Yamada, A. Ishii, S. Kasahara, K. Hirakawa, R. Nakagawa, Y. Matsumura, The impact of electronic medical records on the work process of outpatient care:Extracting use-cases of paper- based medical records using a time process study, E-Health IFIP Advancesm in Information and Communication Technology, Vol. 335, pp.230-231,Australia, Sep., 2010
  2. M. Takeda, K. Yamada, S. Shimizu, Y. Ohno, T. Nagakura, K. Ishihara, Motion analysis on the bed using intelligent vision sensor, SCIS&ISIS 2010, Okayama, Dec., 2010
  3. T. Araki, H. Tatsumi, T. Suzuki, K. Yamada, Application of LED visible light communication signaling for the visually impaired, Systems Man and Cybernetics (SMC) 2010 IEEE International Conference,pp.2808-2813・CTurkey, Oct., 2010
  4. K. Yamada, T. Nagakura, K. Ishihara, Y. Ohno, A.Ishii, S. Shimizu, T. Araki, R. Takahashi , H. Takahashi, E. Shimizu, Development of new type incontinence sensor using RFID tag, Proc. of Systems Man and Cybernetics (SMC) 2010 IEEE International Conference,pp.2695-2700,Turkey, Oct., 2010.
  5. K. Yamada, Y. Susuki, T. Nagakura, K. Ishihara, Y. Ohno, Design and image processing for tactile endoscope system, Proc. of SPIE,Optics and Photonics for Information Processing IV, 7797:77970Z-77970Z-6, San Diego, Aug., 2010
  6. K. Hisamori, T. Abe, Y. Akiyama, F. Mishima, Y. Maekawa, K. Yamada, S. Nishijima, Study on measurement of water content in human body by impedance method, World Automation Congress,Kobe, Sept. 2010
  7. Y. Susuki, K. Yamada, S. Shimizu, Y. Ohno, T. Nagakura, K. Ishihara, Development of new type tactile endoscope with silicone rubber membrane, World Automation Congress, Kobe, Sept. 2010

国内学会

  1. 坂田奈津美,大野ゆう子,清水佐・m子,横内光子,岩佐真也,大西喜一郎,王 媛媛,山田憲嗣,金谷一朗,田・n惠子,水木満佐央,タイムプロセススタディ手法を用いた外来化学療法部・蛯フ業・ア分析と増床前後の治療待・ソ時間比較,ITヘルス・Pア学会第四回年次学術大会抄録集,vo.5,no.1・Cpp.96-99,東・栫C2010年5月
  2. 薄雄斗,大野ゆ・、子,清水佐知子,山田憲嗣,喜久元香,中川里・b・C松村泰志,電子カルテ導入前後の外来診察状況の変化に関する研究,ITヘルスケア学会第四回年次学術大会抄録集,vo.5,no.1,pp.44-47・C東京,2010年5月
  3. 清水佐知子,大野ゆう子,尾島裕子,・笂c奈・テ美,・X本・セ子,中村昌平,金谷一朗,山田憲嗣,岡田志麻,牧川方昭,石井豊恵,笠原聡子,平河勝美,田中あつ子,本杉ふじえ,岡田千鶴,オブジェクト指向業務モデリングによる患者移送関連看・・ニ務の検討,ITヘルスケア学会第四回年次学術・蜑・Eエ録集,vo.5,no.1,pp.94-95,東京,2010年5月
  4. 大井慎太・Y,大・・・う子,清水佐・m・Eq,井上泰子,尾島裕子,岡・c志麻,牧川方昭,森本明子,大西喜一郎,山田憲嗣,田中あつ子,本杉ふじえ,岡田千鶴,急性期循環器病専門治療施設の患者移・翌ィよびエレ・xータ待ち時間に関する研究,ITヘルスケア学会第四回年次学術大会抄録集,vo.5,no.1,pp.100-103,東京,2010年5月
  5. 長・q俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,・カ田幸士,石原謙,The Patent For The Bio-Medical Engineering Study,第49回生・フ医工学会大会 プログラム・抄録集,M-3,大阪,2010年6月
  6. 長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原謙,The Potentiality Of The Medical Engineering Development Device With The Design,第49回生体・纃H学会大会 プログラム・抄録集,S-11-3,大阪,2010年6月
  7. 大野ゆう子,山田憲嗣,Importance of Medical engineering and Nursing engineering,第49回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,P-2-1,大阪,2010年6月
  8. 久森康平,阿部武志,秋山庸子,三島史人,前川義量,山田憲嗣,西嶋茂宏,Study of Measurement of Water Content in Human Body by Impedance Method,第49回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,FC-23-7,大阪,2010年6月
  9. 瀬戸山浩平,長倉俊明,丸橋学,高田祐・E,牧坂光,吉田成人,川合真子,道・c知樹,平尾素弘,高橋秀也,山田憲嗣,河原邦光,The study of estimation outline vector for measuring shape of polyp,第49回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,PS2-4-2,大阪,2010年6月
  10. 長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆ・、・q・C生田幸士,石原謙,The effect provided by the study on Engineering Based Medicine,第49回生体医工学・・蜑・@プログラム・抄録集,P-3-2,大阪,2010年6月
  11. 牧坂光,長倉俊明,林・世,川合真子,道田知樹,太田高志,平尾素弘,高橋秀也,山田憲嗣,河原邦光,The study of 3D measurement and its evaluation by endoscopic moving image,第49・E生体医工学会大会 プログラム・抄録集,FC-33-3,大・縺C2010年6月
  12. 長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,平尾素弘,吉田成人,生田幸士,石原 謙,The Management Method Of Endoscope And The Endoscope laboratory・C第49回生体医工学会大会 プログラム・抄録集,OS-8-4,大阪,2010年6月
  13. 田中範佳,大野ゆう子,山田憲嗣,岩佐真也・C手・p台の縦転・・。・]が及・レす体圧の変化,生体医工学シンポジウム2010講演予稿集,北海道,2010年9月
  14. 武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,転倒転落の事前検知システムの開発 (1)病棟ベッド環境,生体医工学シンポジウム2010講・於\稿集,北海道・C2010年9月
  15. 坂・c奈津美,大野ゆう子,清水佐知子,横内光子,田墨惠子,水木満佐央,外来化学療法におけるタイムプロ・Zススタディおよびそれに基づく待ち時間シミュレーションに関する研究,生体医工学シンポジウム2010・C北海道,2010年9・・/li>
  16. 山田憲嗣,薄雄斗,武田真季,喜久元香,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,薄膜シリコーンを利用した触覚内視鏡開発の基礎検討,・カ体医工学シンポジウム2010 電気学会 医用・生体医工学研究・送ソ・Cpp.11-12,北海道,2010年9月
  17. 香川景一郎,田・・f治・C山田・寰k,谷田純,内視鏡の機能・性能を高める複眼カメラTOMBO,生体医工学シンポジウム2010 電気学会 医用・生体医工学研・・・C北海道,2010年9月
  18. 森本明子,大野・・う子,辰巳友佳子,・x芽久美,歌田真依,武田真季,薄雄斗,喜久元香,尾島裕子,坂田奈津美,田中範佳,山田憲嗣,清水佐知子,急性期病棟の状態把握における・ナ護師の観察情報処理系の検討,第25回生体生理工学シンポジウム論文集,pp. 257-258,岡山,2010年9月
  19. 武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄 雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,医看工融合におけるベッドからの転倒転落動作・ノ関する研究,第25回・カ体生理工学シンポジウム論文集,pp. 259-260,岡山,2010年9月
  20. 清水佐知子,大野ゆう子,中村昌平,金谷一朗,川崎和男,冨澤理恵,尾島裕・q,坂田奈津美,石井豊恵,山田憲嗣,・Iブ・Wェクト指向に基づく患者移送関連看護業務モデリングの試み,第30回医療情報学連合大会論文集,静岡,2010年11月
  21. 久森康平,阿部武志・C秋山庸子,三島史人・C西嶋茂宏,前川義量,山田憲嗣,多周波数インピーダンス・@・用いた体内組成の測定,生体医工学シ・塔|ジウム2010講演予稿集,北海道,2010年9月
  22. 香川景一郎,田中映治,山田憲嗣,谷田純,波面符号化を用いたフォーカスフリー3 次元小型複眼カメラTOMBO,応用物理学会,長崎,2010年9・・/li>
  23. 山田憲嗣,・$・Ei一郎,・g田成人,谷田・メC長倉俊明・C・ホ原謙・C大野ゆう子,複眼光学系を利用したカプセル型内視鏡の基礎・I検討,Optics & Photonics Japan 2010,東京,2010年11月
  24. 西村隆宏,小倉裕介,山田憲嗣,山本裕紹,・J田純,分子センサ機能を有する光制御型DNAナノマシン,Optics & Photonics Japan 2010,東京,2010・N11月
  25. 山田憲嗣,複眼内視鏡と・・モ技術,日・{生体医工学会専門別研究会,第3回次世代内視鏡・Z術研究会,広島,2010年12月

講演会

  1. 山田憲嗣 平成22年度 産技連近畿地域部会 情報・電子分科会セミナ・E[in MOBIO-Cafe「高度先端医療社会実現に向けた医療、看護、工学融合の重要性と課題」 2010年10月,大阪
  2. 山田憲嗣 広島県画像処理活用研究会平成22年度第2回研究会 「進化するカメラ・Z術・v特・ハ講演「アンビエントを考慮したインテリジェントカメラ」 2010・N11月,広島
  3. 山田憲嗣 関西情報通信融合イノベーション創出フォーラム平・ャ22年度第2回定例会 〜糸・\面に超小型ICを接着させたRFIDファイ・oーが開く新世界〜 ・uRFIDファイバーが・烽スらす新世界」 2010年12月,大阪

報道

  1. 大野ゆう子,山田憲嗣 工学的アプローチで看護研究 産・o新聞2010年11月28日付

研究会

  1. 山田憲嗣 日本生体医工学会専門別研究会 第2回次世代内視鏡技術研究会 「複眼光学系を利用した立体内視鏡」 2010年11月 青森
  2. 山田憲嗣 日本生体医工学会専門別研究会 第3回次世代内視鏡技術研究会 「複・癈燻給セと周辺技術」 2010・N12月 広島

受賞

  1. 山田憲嗣,複眼光学系を利用した内視鏡システム,第1・X回日本コンピュータ外科学会 Best Poster賞,博多,2010年11月
  2. Takeda M, Yamada K, Shimizu S, Ohno Y, Nagakura T, Ishihara K Motion analysis on the bed using intelligent vision sensor. In Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2010) Best Presentation Paper Award, Okayama, December, 2010
ペー・Wトップへ
Copyright (C) 大阪大学大学院医学系研究科 ロボティ・Nス&デザイ・刀Eナ・H・Z合共同研究講座 All Rights Reserved.