がん医療専門医養成コース

ゲノム世代がん治療先端外科コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 土岐祐一郎

コース責任者:教授 土岐祐一郎

本コースでは、高度ながんの外科治療(乳がん、消化器がん、または、肺がん等)の教育・研修のみならず、同時に先端的ながんの基礎的・臨床的研究の指導を行い4年間で学位および各専門医(乳腺専門医、消化器外科専門医、または、呼吸器外科専門医)の取得を目指します。「研究のできる外科医」を志す学生が本コースを履修されることを希望します。

スタッフ紹介

野口 眞三郎

野口 眞三郎

乳腺内分泌外科 教授
森 正樹

森 正樹

消化器外科Ⅰ 教授
土岐 祐一郎

土岐 祐一郎

消化器外科Ⅱ 教授
no image

   

呼吸器外科 教授

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 医学専攻
養成する専門分野 乳腺専門医、呼吸器外科専門医、消化器外科専門医
人数 5名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本乳癌学会、日本消化器外科学会、日本呼吸器外科学会
学会との連携 それぞれの学会が専門医を認定する。
資格名 乳腺専門医、消化器外科専門医、呼吸器外科専門医
資格条件 各学会のホームページを参照下さい。

入試情報