在校生・修了生からの声

  • Home
  • 在校生・修了生からの声

在校生・修了生からの声

東口 公哉

所属 大阪大学 医学部附属病院 消化器外科
職種 医師(大学院生D4)
受講がんプロコース 大阪大学 ゲノム世代がん治療先端外科コース

がんプロコースを受講して良かったこと、現在役に立っていること

 私は、市中病院で5年間の臨床経験を積んだ後、より高度ながん診療を提供できる医師を目指すために大学院に進学しました。そして、その目標を達成するには、臨床医としてさらなる知識や技術を習得していくとともに、基礎医学研究者としての視点を学んでいくことも重要です。がんプロコースでは、これらのスキルを磨いていくうえで、非常に有意義な機会を与えて頂きました。特に「専門医を目指す消化器外科セミナー」では、各関連病院の同志達とハンズオンなどを通じて楽しみながら学ぶことで、消化器外科医としての知識や技術の向上につながりました。また、「消化器外科セミナー」では逆に、消化器外科以外の診療科や他学部が、様々な難治性疾患に対して行っている取り組みについて聴講することができ、診療科を超えた視野の展開に役立ちました。
 このように、がんプロコースにはがん医療専門医を目指す我々に必要なプログラムが充実しています。今後もここで学んだことを生かしながら、まさに『プロフェッショナル』ながん医療専門医を目指したいと思います。