教育

教育について

変わりゆく医療の構造に対応できる、新しい発想を育てる。

特徴的な取り組み

Journal Club(感染管理抄読会)

感染管理に関する英語文献のクリティークを通してEBMに基づいたケアの実践、論文の読み方、書き方を学びます。
他大学の教員、大学院生、臨床の看護師さんが集まり、様々な視点からのディスカッションを通して、論文理解を深めます。

Research Seminar(4大学合同ゼミ)

兵庫医療大学、神戸大学、奈良医科大学の研究室と研究交流をしています。
疫学的研究手法の学習、博士前期課程、博士後期課程の研究発表を行い、活発な意見交換を行っています。多様な研究に触れる貴重な機会となっています。

学修目標:
  • 疫学手法を用いた検証方法について理解する
  • 自己の研究課題・研究方法を明確にするための疫学手法について探求する
  • 研究計画の立案を通して研究手法と研究倫理について学ぶ

主な担当科目

基礎看護技術演習ⅠⅡⅢ(学部2年生)

看護ケアを実践するために必要な理論と科学的根拠に基づいた基本的な援助技術について学習します。講義、グループワーク、演習など様々な方法を通して、安全・安楽・自立に配慮して日常生活をより健康的に整える方法、検査・治療を受ける人に必要な看護を提供する方法、看護に必要な情報を系統的に収集し、看護を展開していく方法について学びます。

基礎看護学実習(学部2年生)

導入、実習Ⅰ、実習Ⅱの3部構成になっています。療養環境の理解、看護の対象となる人とのコミュニケーションの取り方、看護の対象となる人の健康問題を把握し看護過程を展開する方法について段階的に学習します。また、薬剤部や管理部門、栄養管理室の方からの講義と部門見学を通して、患者の療養を支える様々な職種、部門について学びます。

統合看護実習Ⅰ(学部3年生)

事例患者を用いて、学生同士がペアとなり、フィジカルアセスメント、看護計画の立案、指導者への報告を行う実践形式の学習です。領域別実習の直前にプログラムされています。

統合看護実習Ⅱ(学部4年生)

大阪大学医学部附属病院にて行います。外来、病棟、保健医療福祉ネットワーク部でのシャドーイングを通して様々な立場の患者を支える看護の役割や連携を学習します。病棟実習では、リーダーナースとスタッフナース、役割の異なる2人のナースのシャドーイングを通して病棟における看護提供のあり方を多角的に学び理解を深めます。

総合ヘルスプロモーション科学実験・実習(大学院、博士前期課程)

ヘルスプロモーション科学特別研究(大学院、博士前期課程)

大学院ゼミは毎週実施しています。