論文や学会発表は各アカデミックスタッフのページから
教 授 竹屋 泰  Research Map 大阪大学研究者総覧
准教授 山川みやえ  Research Map 大阪大学研究者総覧

書籍

竹屋泰(2020) 高齢者における便秘症の特徴と治療 『ポリエチレングリコール製剤による慢性便秘症治療のストラテジー』 編集:木下芳一、清水俊明、中島淳、味村俊樹 /先端医学社  
 
竹屋泰(2019)『改訂版 健康長寿診療ハンドブック』 編集:日本老年医学会 /メジカルビュー社 104,111   
 
竹屋泰(2019) 『フレイル対策シリーズ 基本編①フレイルとロコモの基本戦略』 編集:葛谷雅文、田中栄、楽木宏実 /先端医学社 99-103   
竹屋泰(2018) 『老年薬学ハンドブック:多剤併用を整理する「知恵」と「コツ」』 編集:日本老年薬学会 /メディカルレビュー社 38,44   
竹屋泰、ほか(2018) 『ポリファーマシー見直しのための医師・薬剤連携ガイド』 編集:一般社団法人 日本老年薬学会、高齢者の多剤処方見直しのための医師・薬剤師連携ガイド作成に関する研究 研究班 /南山堂
竹屋泰(2017)『高齢者の服薬支援~総合力を活かす新知識と実践~』 編集:秋下雅弘、倉田なおみ /講談社 46-52
竹屋泰(2016)『血圧変動エビデンス&プラクティス』 編集:楽木宏実 /先端医学社 202
竹屋泰(2016) 『高齢者のポリファーマシー』 編集:秋下雅弘 /南山堂 96-103
竹屋泰、ほか(2015) 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』 編集:日本老年医学会、日本医療研究開発機構研究費・高齢者の薬物治療の安全性に関する研究 研究班 /メジカルビュー社
 
竹屋泰、楽木宏実(2015) 『ガイドライン+αの高血圧診療Q&A』 編集:浦信行 /中外医学社185-188
 
山川みやえ(2020) 認知症患者の看護・認知症とは(pp.317-333). 認知症患者の看護・事例:認知機能が低下し家族に攻撃的になるアルツハイマー型認知症患者(pp.333-341). 一般社団法人日本精神科看護協会監修 遠藤淑美・末安民生編 精神看護学 /中央法規出版
山川みやえ(2020) 老年期に特有の疾病・症候と回復に向けた看護支援1-脳神経・認知機能(pp.142-162). 老年期に特有の疾病・症候と回復に向けた看護支援2-リハビリテーション(pp.163-178). 認知症高齢者への看護ケア(pp.205-225). 井出訓編、老年看護学 放送大学教育振興会
植木慎吾、山川みやえ編(2020) 牧本清子監修、JBI:推奨すべき看護実践 海外エビデンスを臨床で活用する /日本看護協会出版会
牧本清子、山川みやえ編(2020) よくわかる看護研究論文のクリティーク第2版 /日本看護協会出版会
深堀浩樹、酒井郁子、戸村ひかり、山川みやえ編 (2019) 認知症plus退院支援 一般病棟ナースのためのQ&A ([認知症plus]シリーズ) /日本看護協会出版会
山川みやえ、土岐 博、佐藤眞一編(2019) 『ほんとうのトコロ認知症って何?』 /大阪大学出版会 http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-637-3.html
山川みやえ(2018) 『施設での看取り』福井小紀子編、病院からはじまる在宅看取りケア(pp.37-48) /メヂカルフレンド社
山川みやえ(2017).認知症患者およびサルコペニアのケアと重症予防 山川みやえ、野口みどり、船橋徹編 予防の観点で考える認知症・サルコペニア ー生活習慣改善に基づく指導とケア(pp.109-125) /メディカルレビュー社
山川みやえ,繁信和恵編 (2017) 認知症:本人と家族の生活基盤を固める多職種連携 /日本看護協会出版会
山川みやえ、高見亜美、福山亜弥、松岡瑞穂(2015) 老年看護学実習の看護過程展開 任和子編 領域別 看護過程展開ガイド(pp.65-91) /照林社
山川みやえ、牧本清子 (2014)『よくわかる看護研究論文のクリティーク』 /日本看護協会出版会
山川みやえ(2013) 看護領域におけるシステマティックレビューの動向 (pp.3-16). 臨床実践におけるシステマティックレビューの有用性~EBPとその活用 (pp.35-42). 量的研究のシステマティックレビュー(pp.59-74). 牧本清子編 『エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー』 /日本看護協会出版会
山川みやえ (2012) 糖尿病ケア 道又元裕監修 ケアの根拠:看護の疑問に答える180のエビデンスー糖尿病患者をやる気にさせる効果的な面接とは? (p.145) /日本看護協会出版会