HOME > 研究内容

研究内容

科学的根拠に基づいた癌に対する免疫療法の開発

癌に対する免疫療法に関する研究および臨床試験が、近年世界的に広く実施されている。その中でも我々が癌抗原であることを見出した『WT1』を標的とした癌の免疫療法であるWT1ペプチドワクチンは他に類を見ない有効性を示している。
有望な癌抗原『WT1』に特に注目し、生体でのWT1特異的免疫応答やそれの制御に関する詳細な解析を行い、そこから得られた知見を実臨床に応用し、WT1ペプチドワクチンのさらなる効果の増強を図る(トランスレーショナルリサーチ)。その際、実臨床への応用に向けた努力は大塚製薬とともに行う。さらに、臨床で得られたサンプルを詳細に解析し、癌免疫学における未解決の問題の解明に役立てる(リバーストランスレーショナルリサーチ)。
科学的根拠に基づいた癌に対する免疫療法の開発

WT1ヘルパーペプチド免疫療法の開発

WT1ヘルパーペプチド(WT1332ペプチド)は、ペプチド特異的CD4+ヘルパーT細胞を誘導する。誘導されたペプチド特異的CD4+ヘルパーT細胞は、細胞傷害性CD8+ T細胞(キラーT細胞)の誘導を増強するだけでなく、直接腫瘍細胞を攻撃できる能力を併せ持つ。免疫不全マウスにWT1発現腫瘍を移植後、WT1332ペプチド特異的TCR導入CD4+ヘルパーT細胞を移入すると、そのT細胞が直接腫瘍を攻撃し、腫瘍の増殖を抑えた。コントロールT細胞移入マウスでは、腫瘍が増殖し腫瘍量が著しく増加した(右図、赤は腫瘍量多いことを示す)。
WT1ヘルパーペプチド免疫療法の開発