HOME > 保健学のすすめ > 保健学専攻の理念

保健学専攻の理念

21世紀は、保健学の時代と呼ばれています。まさに医療は保健学から変わることになるでしょう。超高齢社会を迎えた我が国にとって、医学もこれまでの形を変えてボーダレスな学問へと発展する必要があります。中国の古い書物に「聖人は未病を治す」と書かれています。保健学が取り組む疾患予防と介護研究は、これからの時代を変えて行くことになると考えられます。

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻が目指すべき理念とは、多様化する医療環境に対応し、新たな保健学を担うグローバルな人材の育成です。そして、社会に貢献できるイノベーテイブな独自の視点からの研究を展開することです。