看護疫学研究室

地域包括ケア学・老年看護学 研究室のホームページ

お年寄りは幸せか?と毎日問い続けることが、私たちの仕事です。生活者としての視点から高齢者をとらえ、多職種連携の中心となる看護師の役割を、研究と臨床の両面から構築します。

教授 医学博士 竹屋 泰
准教授 看護学博士 山川 みやえ
助教 保健学博士 糀屋 絵理子
大学院生:個性豊かな院生を紹介します。
博士後期課程
D3 森木友紀、柴 珠実
D2 梅崎かおり
D1 高橋伸平
博士前期課程
M2 生田花澄、勝久美月、齊前裕一郎、金谷玲子、瀧上恵吾
M1 劉 暁吉、勢田萌乃
研究生
胡旭婧
招聘教員・臨地教授
内海桃絵(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻・准教授)
竹下悠子(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻・特任研究員)
鎌田大啓(株式会社TRAPE;代表取締役;本学招へい教員)
宮崎宏興(NPO法人いねいぶる;理事長;本学招へい教員)
長瀬亜岐(日本生命病院;老人看護専門看護師/診療看護師;本学招へい教員)
周藤俊治(奈良県立医科大学;准教授;本学招へい准教授)
田中 綾(グルメ杵屋社会貢献の家;施設長;本学臨地教授)
釜江和恵(公益財団法人 浅香山病院認知症疾患医療センター長)
Nick Tyler(University College of London;本学招へい教授)
Partaporn Tungpunkom(Chiang Mai University, Professor)
Tatsuto Suzuki(University College of London, Technician;本学招へい研究員)
Kristina Mikkonen(Oulu University Finland; Associate Professor)
Helvi Kyngas(Oulu University, Finland; Professor)
Christina Sung(Tzu-Chi University, Science and Technology, Taiwan; Associate Professor)

研究活動の紹介


高齢者を中心とした予防から看取りまでのケアについての研究を主に臨床現場と共同で実施しています。

超高齢化社会の到来に向けて医療提供体制が大きく変わろうとする中、“地域包括ケアシステムの構築”のために、看護学の教育研究者として自分に何ができるか、そして、どうしたら同じ志を持つ仲間が増やせるか(裾野を広げていけるか)ということを日々考えながら、以下のような教育研究活動を行っています。

支える医療や予防する医療がますます重要視される時代の動きの中で、“新たな看護を展開する”という発想で、病院・施設・行政・在宅それぞれで働く看護職が“看看連携”を強化して、人々の生活を支える看護や予防的視点を持つ看護の重要性を示すためのエビデンス作りや仕組み作りに役立つ研究や教育に、これからも力を注ぎたいと考えています。

1.Multimorbidityに対する多職種介入の研究
高齢者の複雑性に対して、表現型モデル(患者を全体像から評価する手法)を用いて、多職種での介入方法の有効性について研究しています。臓器別・疾患別の医療のみではサポートできない高齢者に対する看護師の役割を明らかにします。
2.ICTを活用したスマートシティ構想に向けたエンジニア部門との協働研究
当研究室は、様々な種類のセンシング機器を用いて高齢療養者の抱える様々な問題を把握する研究を行っています。この研究は大学と企業との共同研究のプロジェクトの一つであり、看工連携の研究として取り組んでいます。
3.大阪府ビッグデータの分析
当研究室では、阪大内の学際チームと共同で大阪府の 国民健康保険、介護保険、特定健診が突合されたデータを分析しています。これにより、介護状態の実態、実際に行われた医療の実態 介護と医療の関係性、 病気の予防、終末期の医療やそれまでの介護の変遷などの個別ケアの様相をリアルワールドデータとして解き明かすことができます。レセプトデータのようなビッグデータの解析は、データクリーニングからの骨の折れる作業が必要ですが、総合大学の強みを生かして学際チームで進めています。
4.その他研究
認知症に関する良好な家族関係を維持するための研究、意思疎通の難しい人と対話を促すための研究を着手しています。

↑|ページのトップへ

メッセージ

学生(在校生、大学や大学院受験生)へのメッセージ

「当研究室は、先生が幅広い研究方法を持ち合わせており、研究成果を国際的に発信していく能力を持っています。何事にもクリティカルな視点を持つような指導や随所でモチベーションをもらえる雰囲気、先輩方との関わりの強さなど研究を学ぶためのサポート体制は整っています。また、研究室メンバーでのお花見や誕生日会、納涼会など遊ぶときは遊ぶメリハリもあり、前向きに研究ができます。ぜひ、私たちと一緒に学びましょう!」by 院生

大阪大学医学部保健学科大学院医学系研究科 保健学専攻