HOME > 出来事のご紹介 > 受賞歴・ニュース

受賞歴・ニュース

新着記事

学生 (検査技術学専攻)

氏名
川口 瑠惟
博士前期課程1年
課程
第67回日本生化学会近畿支部例会 優秀発表賞
受賞名
日本生化学会
提供団体
2021年5月29日(土)
年月日

学生のコメント

この度はこのような名誉ある賞をいただき、大変光栄に思います。
この場をお借りしてご指導いただきました先生方、研究室の皆様にお礼申し上げます。今回の受賞を励みに、今後もより一層研究に注力して参りたいと思います。

指導教員からのコメント

例年、この学会では6~8名の優秀賞が出るのですが、今年はオンライン発表の会議のため3名しか枠がありませんでした。そのため授賞式前に諦めてZOOMから退出したので、川口さんの受賞を知ったのは翌日でした。本当におめでとうございます。さすが、卓越大学院生です。

第67回日本生化学会近畿支部例会 優秀発表賞

検査技術学専攻

学生

氏名
森下 康一
博士後期課程3年(特別研究員DC2)
課程
国立大学臨床検査学系博士後期課程 最優秀賞
受賞名
国立大学臨床検査技師教育協議会
提供団体
2021年5月18日
年月日

学生のコメント

臨床検査技師はチーム医療の一翼を担いますが、振り返りますと私の研究生活も本当に多くの先生方や研究室のメンバーに支えられて進んできたチーム研究であったと思います。この度の最優秀賞はチームの代表として受賞させて頂きました。今後は現在の研究成果を少しでも早く患者さんに還元できるよう、一層精進して参ります。

指導教員からのコメント

優秀な学生には自由な研究環境を与えることが、一番よく育つと言われます。森下くんは、まさにその典型例で学部生のときは修士レベル、修士時代は博士レベル、博士時代は助教レベルとして研究室を盛り上げてくれました。また自分の努力をヒトに見せないで、後輩を持ち上げる素晴らしい人間性の持ち主です。後期博士課程2年の実績で最優秀賞を獲れたことは、最高の栄誉と思います。

国立大学臨床検査学系博士後期課程 最優秀賞

その他のニュース

「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」の採択機関の決定について【代表 齋藤茂芳 准教授(医療画像技術科学分野)】

このたび、文科省の事業「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」の採択機関に本専攻医療画像技術科学分野・齋藤茂芳准教授(代表)の申請が決定されましたので、お知らせいたします。

杉山治夫教授(免疫造血制御学研究室)がアントワープ大学(ベルギー)名誉博士号を受賞しました。

アントワープ大学(ベルギー)提供

動画を再生