ニュース

HOME > 出来事のご紹介 > 受賞歴・ニュース

受賞歴・ニュース

新着記事

放射線技術科学専攻

准教授

氏名 坂田 洞察
職位 准教授
受賞名 Galileo Galilei Award 2023
提供団体 Elsevier
年月日 2024年5月28日
Galileo Galilei Award 2023

受賞者コメント

この受賞は、計算機を使って放射線とDNAの物理化学的素過程の計算からDNAの損傷をシミュレーションし、その後の放射線誘発性細胞死を予測する事を可能とした研究に対するものです。論文を投稿したPhysica Medicaの2023年ベスト論文賞にあたります。本研究はGeant4-DNAという放射線生物学向け放射線輸送シミュレーション開発グループとの長年の国際共同研究を通して実現したものであり、多くの研究者の助力があって達成できたものです。本研究で達成した成果は2008年にGeant4-DNAの開発がスタートしてから15年に渡る研究開発の末たどり着いた1つのマイルストーンとなりました。近代科学の父ガリレオ・ガリレイの名を冠する賞を頂くに至り、本研究の達成に関わった全ての人に感謝いたします。

放射線技術科学専攻

学生

氏名 吉川 緑
職位 放射線技術科学専攻4年
受賞名 第80回日本放射線技術学会総会学術大会
学生賞 優秀賞
提供団体 日本放射線技術学会
年月日 2024年4月14日
第80回日本放射線技術学会総会学術大会 学生賞 優秀賞

コメント

この度は、名誉ある賞を賜り、大変光栄に思います。
ご指導を賜りました先生方、そして齋藤研究室の皆様に心より感謝申し上げます。
今回の受賞を励みに、今後もより一層精進していきたいと思います。

指導教員からのコメント

2回生時の自主研究から継続して本テーマに取り組んでいただいおります。2年間の努力がJRCで評価されたことはとてもうれしく思います。4月から卒業研究に配属されますので、今後ともMRI研究を積極的にしていただくことを期待しております。

氏名 伊藤 舞胡
職位 生体物理工学講座 博士前期課程1年
受賞名 第80回日本放射線技術学会総会学術大会
学生賞 優秀賞
提供団体 日本放射線技術学会
年月日 2024年4月14日
第80回日本放射線技術学会総会学術大会 学生賞 優秀賞

コメント

この度は学生優秀賞を賜り、大変光栄に思います.研究室の齋藤先生,先輩方に支えていただきながら研究に取り組むことができる日々は,恵まれたものだと感じています.この場をお借りしてご指導いただきました先生方、研究室の皆様に心より感謝申し上げます。この賞を頂いたことを励みに,今後も前臨床用MRIを用いた基礎研究に精進していきたいと思います。

指導教員からのコメント

4回生の卒業研究から継続したテーマに取り組んでいただきました。昨年度からの努力がJRCで評価されたことはとてもうれしく思います。全国から集った多くの学生発表の中で優秀賞に選ばれたことは指導教員としても大変誇りに思います。今後の活躍も期待しております。

氏名 辻 尚樹
職位 生体物理工学講座 博士前期課程2年
受賞名 第80回日本放射線技術学会総会学術大会
学生賞 優秀賞
提供団体 日本放射線技術学会
年月日 2024年4月14日
第80回日本放射線技術学会総会学術大会 学生賞 優秀賞

コメント

この度はJSRTにおいて学生優秀賞を賜り、大変光栄に思います。ご指導頂いた齋藤先生をはじめ、サポートして頂いた研究室の皆様には心より感謝申し上げます。この受賞を励みに、今後も医療の発展に貢献するためMRIの基礎研究に励んでいきたいと思います。

指導教員からのコメント

修士課程から新しいテーマに取り組み、1年で結果を出せたことはとても素晴らしいと思います。また、学生発表の中で優秀賞に選ばれたことは、今後の研究や進路にとってもプラスになると思います。MRI研究で今後も活躍していくことを期待しております。

氏名 吉川 緑
職位 放射線技術科学専攻4年
受賞名 全学選抜自主研究成果発表会 優秀賞
提供団体 大阪大学未来基金
年月日 2024年5月2日
全学選抜自主研究成果発表会 優秀賞

コメント

このような賞を受賞できて大変光栄に思います。指導教員の齋藤先生・鎌田先生、またサポートしていただいた研究室の方々に厚くお礼申し上げます。

指導教員からのコメント

自主研究として“7T-MRIを用いた大腸炎モデルマウスにおけるUDCAの治療効果評価”に取り組んでいただきました。1年間の努力が評価されたことはとてもうれしく思います。今後ともMRIや生体イメージングを広く学び、新しいテーマにも積極的に取り組んでいただくことを期待しております。

 
氏名 伊藤 舞胡
職位 生体物理工学講座 博士前期課程1年
受賞名 第67回近畿支部学術大会新人奨励賞
提供団体 日本放射線技術学会 近畿支部
年月日 2024年5月19日
第67回近畿支部学術大会新人奨励賞

コメント

このような賞を受賞できて大変光栄に思います。指導教員の齋藤先生、またサポートしていただいた研究室の方々に厚くお礼申し上げます。今回の受賞を励みに、今後もより一層研究に精進していきたいと思います。

指導教員からのコメント

日頃の努力が評価されたことはとてもうれしく思います。修士から新しいテーマにも取り組んでいただいております。今後とも積極的に研究に取り組んでいただくことを期待しております。

検査技術科学専攻

学生

氏名 中山 穂香
職位 博士前期課程2年
受賞名 第24回関西グライコサイエンスフォーラム 最優秀研究賞
提供団体 日本応用糖質科学会・日本糖質学会
年月日 2024年5月11日
第24回関西グライコサイエンスフォーラム 最優秀研究賞

コメント

この度はこのような名誉ある賞を賜り、大変光栄に思います。ご指導いただきました先生方、研究室の皆さまにお礼申し上げます。大きな会場での口頭発表は非常に貴重な経験となりました。今回の受賞を励みにより一層研究に注力して参ります。

指導教員からのコメント

本研究会は関西の糖鎖研究者が年に1回集まって質の高い議論を交わす研究会です。優秀研究賞は教授クラスの審査員の投票で、中山穂香さんは第一位となりました。肝臓癌の糖鎖バイオマーカーが、どのような分子機構で産生されるのかという研究内容です。抜群のプレゼンテーションと堂々たる質疑応答は、素晴らしいと思います。

氏名 錦織果歩、南浦朱里
職位 博士前期課程1年
受賞名 第70回日本生化学会近畿支部会
優秀演題賞
提供団体 日本生化学会
年月日 2024年5月25日
第70回 日本生化学会近畿支部会 優秀演題賞 (左から)錦織さん、三善教授、芦高学会支部長、小亀大会長、南浦さん

コメント

この度はこのような名誉ある賞を賜り、大変光栄に思います。この場をお借りして、ご指導いただきました先生方、研究室の皆さまに厚くお礼申し上げます。初めての学会発表は非常に貴重な経験となりました。より一層膵臓がんの研究に注力して参ります。(錦織果歩)

この度は名誉ある賞を賜り、大変光栄に存じます。日々ご指導いただいている三善先生、近藤先生をはじめとする、研究室の皆様に心より感謝申し上げます。この受賞を励みに、今後もより一層研究に精進して参りたいと思います。(南浦朱里)

指導教員からのコメント

日本生化学会の近畿地方会が毎年5月に開催されます。今回は新築された国立循環器病研究センター研究所(岸辺)で開催された関係もあり、109名という多数の学生(高校生を含む)からのポスター発表がありました。10のカテゴリーに分けて25名程度の審査員がポスター発表を審査しますが、ジャンルによっては非常に科学的価値が高い研究発表もありました。毎年三善研究室からは、博士前期課程1年の学生が学会発表の登竜門として、この学会に参加しています。2名の学生が表彰されたことは、過去10年で初めての快挙です。受賞した二人の学生の研究に対する姿勢に、敬意を表したいと思います。

過去のニュース