HOME> 学部・大学院> 検査技術科学 > 特徴的な教育の一例

特徴的な教育の一例

臨床医学特別実習

対象学年
4年生
開講時期
4年次の春夏学期
授業概要
大阪大学医学部附属病院の臨床検査部以外の各部門 (放射線部、リハビリテーション部、薬剤部、医療情報部など) を数人の小グループでローテーションしながら見学します。また、それと並行して同じ小グループで眼科、消化器外科、神経内科・脳卒中科、免疫・アレルギー内科などの各科での病棟実習を行い、実際の患者さんに対して行われた検査のデータを見ながら各症例について検討を行います。最後に全員で自分たちが検討した症例について報告会を行います。
一押しのポイント
この実習は、大阪大学医学部保健学科独自のカリキュラムで内外から高い評価を得ています。臨床検査部以外の各部門を見学し、その他の医療従事者の仕事に触れることでチーム医療の一員としての臨床検査技師の役割、立ち位置と心構えを学ぶことができます。また、それと合わせて行われる各科での病棟実習では、実際の患者さんと触れ合い、症例を検討し、最後に発表会を行うことで、臨床の現場でどのように検査が行われ、それがどのように診断・治療に結びついていくのかを自分たちで考えながら学ぶことができます。また、将来の学会発表などの機会で必要なプレゼンテーションスキルを養うことができます。