HOME> 学部・大学院> 放射線術科学> 4年間のスケジュール

4年間のスケジュール

1年 1年
  • 総合大学の特色を生かし、語学を含めて幅広い教養と豊かな人間性を目指した共通教育科目や、物理、化学、数学などの基礎科目を受講し、放射線物理学などの専門科目を学びます。
2年 2年
  • 生体の働きと仕組み、病気のメカニズムなどを学ぶとともに、放射線科学の基礎となる放射線生物学、放射線治療物理学や、画像科学の基礎となる画像情報論、画像解剖学などの講義、演習、実習を受けます。
3年 3年
  • 画像医学、核磁気共鳴学(MRIの基礎)、医用電子工学、医用機器工学、医療情報学、 放射線腫瘍学など種々の専門分野が加わります。
3年後期 3年後期
  • 臨床実習は3年次後期から始まり、医学部附属病院の先端機器を使って、 半年間にわたり行われます。
4年 4年
  • 特別実習に多くの時間が費やされると共に、救急医学概論、生命科学実習、医療社会学など、 広い視野からの講義や実習が行われます。
4年後期 4年前期
  • 放射線技術科学専攻では、新しい試みとして臨床医学特別実習が4年次前期に設けられ、 医学部附属病院の救急部、薬剤部、臨床検査部、理学療法部などで臨床医学の最前線に接し、 放射線医学や画像医学の先端技術が如何に診察に役立っているかを実際に体験します。
特別研究は4年次の1年間を通じて行うもので、各自がそれまで受けた教育の集大成として、自らの力で研究し、論文としてまとめます。 以上のように、学部の4年間を通して、専門分野に広い知識と深い洞察力をもった国際感覚豊かな医療スペシャリストの育成が図られます。