HOME > 研究室紹介 > 分子病理学研究室

検査技術科学専攻/機能診断科学講座・生体情報科学講座
分子病理学研究室

概要

分子病理学教室では、臨床(患者さんのがん切除組織や血液サンプル)と 基礎(がん細胞株)の両面からのアプローチによって、がん診断マーカー (分子異常、マイクロRNA) やがん幹細胞を含めたがん治療標的分子の同定を進めて います。また、最近のゲノム研究で、遺伝子配列の異常のみならず三次元的な (立体的な)ゲノム構造異常ががんの悪性化に関わることが分かってきており、 この点についても精力的に研究を進めています。

研究室の顔ぶれ

氏名をクリックすると大阪大学の研究者総覧にリンクします。

職 名 名 前 TEL&FAX E-mail
教 授 山本 浩文 06-6879-2591 hyamamoto@sahs.med.osaka-u.ac.jp
助 教 横山 雄起 06-6879-2595 yyokoyama@sahs.med.osaka-u.ac.jp

主な研究テーマ

  • がんの遺伝子診断(山本)
  • がんの病理と分子機構(山本)
  • がんの核酸治療(山本)
  • がん幹細胞の特性(山本)
  • がんの三次元ゲノム構造 (山本・横山)