HOME > 研究室紹介 > 生体機能イメージング研究室

放射線技術科学専攻/医用物理工学講座
生体機能イメージング研究室

概要

脳は素晴らしい情報処理装置です。我々は、この脳の動作原理を理解するために、MRI や光を駆使したマルチスケール脳・神経機能イメージング、行動解析、神経活動の電気的計測、コンピューターシミュレーションなどを組み合わせたマルチモーダルな研究を展開しています。この研究で得られた成果は、脳がどうしてこんなに素晴らしい情報処理ができるのかを知る手掛かりになるだけでなく、近年増加している脳・神経疾患の発症メカニズムの解明やその治療をするためにも役立ちます。さらに、既存の装置では計測できないことを計測できるようにするための装置開発、計測法開発も行っています。私たちと一緒に、脳を観たい・知りたい、脳を守りたい、脳を創りたい、という人を歓迎します。

研究室の顔ぶれ

氏名をクリックすると大阪大学の研究者総覧にリンクします。

職 名 名 前 TEL&FAX E-mail
教 授 小山内 実 06-6879-2571 osanai@sahs.med.osaka-u.ac.jp

主な研究テーマ

  • 活動依存性マンガン造影 MRI による全脳神経活動解析
  • 極微細蛍光内視鏡イメージングシステムによる in vivo 神経活動解析
  • 急性脳スライス標本を用いた光学的・電気的神経活動解析
  • コンピューターシミュレーションによる神経細胞・神経回路の動作原理の解明
  • イメージングをはじめとした新しい生体機能計測装置・手法の開発