HOME > 研究室紹介 > 母性ヘルスケア科学研究室

看護学専攻/生命育成看護科学講座
母性ヘルスケア科学研究室

概要

女性支援のための研究及び社会貢献を行っています。特に、心身ともに健康な妊娠・出産・育児期を過ごせるように、生活面に関する保健指導やケアの確立を目指し、時には生化学データを用いて研究を行っています。
日本だけでなく国際的に活躍できる助産・女性支援の研究者育成を目指しています。
女性の支援や妊娠から育児期までの母親の支援をより良くしたいと思う熱意や志のある学生さん、お待ちしております。大変な道のりですが、一緒に学びましょう。

研究室の顔ぶれ

氏名をクリックすると大阪大学の研究者総覧にリンクします。

職 名 名 前 TEL&FAX E-mail
教 授 松﨑 政代 06-6879-2532 matsu3@sahs.med.osaka-u.ac.jp
准教授 白石 三恵 06-6879-2536 mi-shi@sahs.med.osaka-u.ac.jp
助 教 齋藤 真希 06-6879-2537 maki.saito@sahs.med.osaka-u.ac.jp

主な研究テーマ

  • 妊娠期の運動と母児への身体的影響(松﨑)
  • バイオマーカーを用いた妊娠期の生活習慣の評価(松﨑)
  • 超音波エコーを用いた母乳育児支援(松﨑)
  • 周産期における生活習慣に関する研究(白石)
  • 妊娠期の栄養アセスメントツールに関する研究(白石)
  • 異文化での出産経験についての研究(齋藤)