HOME > 研究室紹介 > 臨床神経生理学研究室

検査技術科学専攻/機能診断科学講座
臨床神経生理学研究室

概要

患者さんとのつながりを大事にした研究を行っています。遺伝学的手法も用いながら、電気・生体磁気など生理学的手法を中心に脳・神経・筋の研究を行っています。
希少難病について、臨床の一症例から始まり、次世代シークエンサを含む遺伝学的解析、パッチクランプなどによる生理学的解析、さらにはシミュレーションなども用い、普遍的な生理現象を明らかにします。患者レジストリを利用した遺伝疫学、自然歴研究なども行っています。さらに、患者さん由来のiPS細胞を用いた病態解明・治療開発も推進しています。
非侵襲の脳機能検査のひとつである脳磁図を、言語・記憶・運動・感覚など種々の高次脳機能解明や治療・学習に応用することも行っています。

研究室の顔ぶれ

氏名をクリックすると大阪大学の研究者総覧にリンクします。

職 名 名 前 TEL&FAX E-mail
教 授 髙橋 正紀 06-6879-2587 mtakahas@sahs.med.osaka-u.ac.jp
准教授 久保田 智哉 06-6879-2587 tomoya-k@sahs.med.osaka-u.ac.jp

主な研究テーマ

  • 神経筋疾患の神経生理学的・遺伝学的解析
  • イオンチャネル病・筋強直性ジストロフィーの病態生理研究
  • 神経筋疾患のQOL,治療評価法の開発
  • 脳磁図など非侵襲的検査法を用いた高次脳機能解明